6.28.2017

目で鼻で耳で舌で皮で肉で骨で

"whatever does not spring from a man's free choice, or is only the result of instruction and guidance, does not enter into his very nature; he does not perform it with truly human energies, but merely with mechanical exactness" and so when the labourer works under external control, "we may admire what he does, but we despise what he is."
そうそう。プロテスタンティズムは実行の倫理。人間を原子のひとつにしてしまって、肉体や精神の個別性を無視する。大切なのは「何をしたか」。原子には属性が付与される。東大を出たとか嫁が若いとか貧乏人だとか。そういう属性が付与されるのであって、彼の「人格」はそういった属性の集まりだと判断される。もはや面接官や判事は彼の肉や骨、目や指を見ない。そこにあるのは装飾された原子なのである。そして個性というものの正体はこの装飾に過ぎない。

それは私たちが労働者を見ないのと同じである。工場の労働者は原子となる。彼はただ何の部品の担当か、何の工程の担当かということで区別される。労働者は白い作業着によって視覚的にも原子化される。彼は単なる機械とみなされるため、特別の故障や問題なく作業することができれば機械と一体化する。彼は道具であるが、それだけでは無価値である。ハンマーが無人島に置かれたところで価値がないように、使われなければならない。しかし使い手は機械であるので、彼の肉がどのようについているか、いかり肩かなで肩かなどは問われない。他の機械との一体化こそ、彼の存在を許すゆいいつの道なのである。そこで評価されるのは「何をしたか」であって彼自身ではない。



私たちは強迫的に行為を求めている。何かをしなければならないと思っている。仕事をしなければならない子どもの世話をしなければならないとか大学に通わなければならないと思っている。そうでないと価値がないとされるからである。行為を放棄し属性を身に着けない存在は赤んぼうと同じで無価値である。中卒のニートのひきこもり。無価値どころかそういった「大人子供」は、何か嫌悪感を抱かせるものらしく迫害の対象になる。それは軽蔑の形をとるけれど本当のところ恐怖である。ひとは軽蔑する対象は迫害しない。ひとは恐れによって行動する。明治政府は高等遊民をとにかく排除したかった。貴族的精神に知性と時間が合わさるとろくなことがないのである。

ただ在るということを自分に許すことが難しくなっている。SNSでたくさんコメントをもらったりブログの読者が増えたりカントを読んだりゲーテを諳んじてみたり年収2000万円を目指してみたりうまいものを食ったり高級車を買ってみたり、ということで自己肯定する。自分はまともな存在なのだと考えるようになる。

何をするかが思考の限界領域になっておりもはや「自分が何者か」は問われなくなった。自分が何者かは考えられないし考えたくもないということで、自分が何をしたかが自分が何者かであるかを規定するようになった。これは自分を客観的に見つめるということである。自分は何者か、と考えるときに履歴書一枚で済むような人がいる。

現実には学歴なんて意味がないのである。もちろん親の財力や社会階層を知る上では役に立つかもしれない。だがそれよりも私が見たいのは肉であり骨である。骨と骨は共鳴する。皮膚よりも肉が深く、肉よりも骨が深い。皮膚感覚で相性がよくても長続きはせず、離別してずっと経ってから思い出すのは骨の相性のよかった人間である。

私たちのコミュニケーションは目を介すだの言語を介すだの言われているが脳みその機能が私たちには未知であるようにコミュニケーションの実体も解体され得ない。私はひととひととの間は共鳴だと考えている。だから人間を原子として見、属性化するような社会制度はアホらしいものである。それは人間を見るためのものではなく道具を評価するための基準である。が、これは広く一般化され私たちも属性によってひとを評価するように教育されている。だからツイッターやフェイスブックなどが大衆ウケするのである。あれは原子たちの饗宴なのである。

人間はそのような属性から見えてこない。私はそんなものより骨と肉をずっと見ていたい。骨と肉の密な暗い領域に憧れる。目で鼻で耳で舌で皮で肉で骨で、肉と骨を感じたい。



6.27.2017

労働はイカれている

ニートになって一ヶ月になる。オメデトウ。

これまで私は自分のことをマージナル・マン=境界人だと思っていた。それはコップのフチ子さん的な絶妙な均衡だったのだが、転落!転落である。今は完全に異界の人となってしまった。ときどき、世間のひとびととの価値観の乖離に驚くことがある。少し沖に出過ぎたのかもしれない。でも、もう遅いのだ。

私は働くことが嫌いなのではないよ。むしろ好きだと思う。ただ誰かのパシリになるのが嫌なだけで。つまり精神的には高貴なおじさんなのだと思う。つまりは、潔癖。
主人の言説の時代には、能力のあるものは、他者の欲望に奉仕することを恥じた(例外はある。だが神経症者は一般的に大他者の道具となることに堪えられない。彼は他者に食い物にされていると感じる)。(何処かのブログより)
今日は「風来のシレン」というゲームを6時間ばかり。専門用語になって申し訳ないのだが、「掛け軸裏」をクリアし、今は「食神」を攻略しているところだ。まったく楽しい。

楽しいが……これではご飯が食べていけないというのも峻厳な事実である。




かつて労働と遊びは区別されていなかった。人はわざわざ遊ぶ必要はなかった。日々の労働が遊びのようなものだったからである。狩猟をし、釣りをし、山菜を摘み、栽培し、焼き物を造り、編み物をする。ときに政治があり、呪術と祈祷があり、ときに戦争があった。それもお祭りのようなものだったろう。

私たちは今日、こういった営みを剥奪されている。そういったことは「趣味」とされ、「暇な時間にやれ」と言われる。(暇な時間など、ほとんどないのだが)

私たちの手からは石斧も竹竿も剥奪され、代わりにモニターとキーボードが与えられている。現代では生活の営みは破壊され、その欠片の中から労働と遊びが区別された。

遊びが許されるのは人間性の回復のためであり、発狂を免れるためだが、それが許される理由というのも労働効率をあげるためである。どんなバカな経営者でも労働者を24時間も働かせないが、それが労働者への「慈悲」ではないのと同じである。

私たちは労働によって生活の営みから解放されたが、同時に奇妙な分裂を生みだすことになった。労働の時間においては我々は自己をどこかへ追放し、遊びの時間には自己を呼び戻すようになった。つまり私たちは労働の時間において、自らを他者に貸し出す必要が生じたのである。

この分裂が営みの開裂をますます加速化させた。つまり労働はますます退屈にやるせないものになり、遊びはずっと刺激的で快適になったのである(偽物の釣り、偽物の戦争、偽物のセックス)。まるで芸術アートと技術テクネーが近縁だったにもかかわらずいまではよそよそしいように、遊びと労働も我々にはまったく無関係な存在に感じられるのである。

営みが解体され、遊びと労働が誕生した。そのときおそらく苦しみや懐疑といったものが生まれ、果ては現代まで続く「理性」が誕生したのだろう。私はそのように考えている。歴史を学ぶほど、私は古代へのあこがれを強くする。



労働と遊びがひとつだったとき、人間は満ち足りていたのである。彼ら古代人は私たちが考えているよりずっと精神的に落ちついており、大人びていた。彼らは現代人がどれだけ哲学を学んでも到達できないくらい、生と死について達観しており、高次の認識を持っていた。彼らには理性というものが乏しかったが、それだけに自然と自己とが未分化であり、したがって自然の叡智をほとんどすべて身につけていたのである。

6.26.2017

zacky-ojisan

ニートのくせに何もしないのはアレなので、日記を書いておこう。

今日はお腹が痛かった。昨日祖母の料理を食べたからだと思う。私の家の冷蔵庫を開けて、食材を手にとってみてほしい(床が傷んでいるから気をつけ給え)。賞味期限が2013年とか、2015年とか、年代物ばかりだ。そういったものが捨てられずに冷蔵庫に詰めこまれている。

「一回冷蔵庫の中身全部捨ててしまいたい」と思うのだが、無駄なのだろう。これは習性なのだ。もはや彼らは、自分のしていることに自覚がない。認知機能の低下は一種の不可逆的狂気である。

東京や大阪は違うのだろうが、私の住んでいる地元はとても高齢化が進んでいる。これはタイと日本の大きな違いである。まあ、タイも若干高齢化が進んでいて、40代がピークとなっているらしい(マッサージ屋もおばちゃん化が進んでいた)。

とはいっても、日本のように60代が突出して多いということはなく、街なかを歩いていれば20代のかわいい女の子が歩いている(というかタイ人は基本的に歩かずにバイクに乗っている)。

日本はこれがない。これがないからつまらない。日本の田舎町にいるのは若作りしたおばちゃんか女子中高生くらいで、まあ女子中高生でもいいのだが、20代前半くらいの女性がいないというのは、まことにつまらない。私はこんな国は嫌だと思う。何かが間違っている。グロテスクな国家構造だ。奇形の国だと思う。いくら日本がいい国だとしても、こんな歪な国は御免だ。

ともあれ今日はお腹がぐるぐるとして痛かったのだが、陰鬱な実家にいる気もしないので図書館へ行った。地元の図書館は建物や設備は古いものの、蔵書はセンスがよい。そして自習室は一人二人しかいない。いつも思うのだが、ネット関係の仕事で東京や大阪のレンタルオフィスなど借りるくらいなら、田舎のこういうところでやればいいと思う。無料だし、wifiがあるところもある。

それで読書をした。フロイト関連の書籍と、日本の民俗学的な本を読んだ。私は稲作以外の日本人像を掴みたいと思っている。

日本人が稲作農民だった――というイメージは、明治政府のおしつけた歴史観に過ぎないようである。
とくに、いわゆる明治維新以後、近代国民国家が成立し、単一の国民文化の形成がはかられると、それに伴い日本文化を単一・同室の稲作文化だとする考え方が普及しました。その過程で稲を祖先伝来の聖なる作物とする稲作農民の思想と、天皇の先祖が天上でつくった聖なる稲をたずさえて地上に天降ったという神話が結びつき、我が国を天皇が統治する豊かな稲作国家だとする瑞穂国史観が形成されたという反省すべき思想史の流れも認められます。(「日本文化の多様性」佐々木高明)
弥生時代、朝鮮半島から天皇家の先祖(天照大神)がやってきて米を伝えた……というふうにすれば統治上は非常に都合がよろしい。なぜって米は日本人のソウルフード、「食わせてくれた人」には決して逆らわないのが人間の習性である。(私の実家でも米を作ってるけど、思想的には天皇べったり)

ただ原田信男の「歴史の中の米と肉」によれば、以下の通りらしい。
近世の初期、十七世紀頃を中心にして大規模な新田開発がすすめられ、それによって水田の面積が日本全体で急激に増加した。また秀吉の全国統一を契機に、兵農分離を伴う形で太閤検地が実施され、それによって中央政権が全国の耕地面積を精確に把握するようになった。その結果、都市に集住する武士が村落の農民から米を御許する年貢を収奪するという中央集権的な国家体制、いわゆる幕藩体制が作りだされた。そうした状況を背景にして、全国のすべての生産力を米を基準とした石高で表示するようになり、米が政治・経済の基礎となる、いわゆる「石高制=米社会」が確立したというのです。(同著)
米がいわば「標準化」されたのは近世以降。とにかく明治政府(~現政権までの系譜)ってのは日本史をねじまげるね。



私の興味を引くのはサンカという存在で、山ぐらしをしていた人々。こういう人々は、竹細工の農具などを売りながら村々を転々と歩いた。

意外なことにサンカは穢多非人よりも差別されていたらしい。戸籍も家も持たないからだそうだ。私は差別といえば「穢多非人」という言葉が頭に浮かぶが、現実にはそれよりずっと差別されていた存在があったのである。

穢多非人はかえって特権的な職権を与えられており、穢多の食肉加工や革製品の製造の他にも、非人の警察の末端機構として働くこともあったとか(つまり非人が農民を取り締まる)。明治政府に穢多非人を「平民化」したら、かえって窮したという話もおもしろい。

被差別者が生き残るのは、ほんとうには差別されていないからなのだろう。ほんとうに憎まれ疎まれていたのであれば、消されている。ナチスがユダヤ人を抹殺しようとしたように、明治政府はサンカを殺した?(ついでにアイヌ人もほとんど抹殺させている……ちなみにアイヌ人が縄文人の末裔ということは遺伝的に否定されているらしい)

私はなんとなく、明治以降の日本政府はサンカを恐れているのではないか、という気がしている。

で、話がすっ飛ぶようだが、日本の異常とも言える杉植林への執着(いまや森林の半分以上は杉植林済み)は農水省(林野庁)の利権や官僚特有の暴走などではなく、サンカ撲滅の一環なのではないか……と考えてみたり。おそらく杉林にはサンカは住めないだろう。木の実も野生の動物にも乏しいからである。

杉林

ブナ林
ちょっと恣意的な画像かも^^;

なぜ政府はサンカを怖れるのか。それは単純に明治以降の国体思想に反するからでもあるだろうし、戸籍を持たない存在をどうにかしたい行政の都合でもあるのだろう(犯罪など起きたらどうしようもない)。あるいは歴史的な確執があるのかもしれない(私は日本史に詳しくない)。

加えてオカルト的には、たぶん天皇家や支配者層と呪術的な対立があるのではないかと私は妄想している。サンカは山の神と扱われることもある。山姥だの天狗の正体はサンカという説もある。どこかこう、霊的呪術的に「強い」というイメージがある。平野の中心にある天皇と、山の神を信奉するサンカ。

まあ、所詮妄想である。

いずれにせよ、杉植林は森を殺し山を殺す(地すべりなど土砂災害の原因は杉植林?:参考 私が目にした地すべりはほとんどすべて植林地)。加えて花粉症などという嫌らしいアレルギー疾患もあるのだから、国は杉植林からさっさと手を引いて欲しいものである。

プールおじさん

それで読書は数時間で終えて家に帰った。が、陰鬱で臭い実家に居る気はおきず、また外出した。プールへ行ったのである。

近所にある大型の市民プールで、はじめて行ったのだがなかなか快適なところだった。仕事で行っていた田舎のジムのプールは800円くらいしたと思うのだが、こちらは500円。二時間ばかり泳いだ。

驚いたことに、平泳ぎの感覚が突然つかめていた。私はそれまで、クロールしか泳げないと思っていた。平泳ぎではぜんぜん前に進まない……と思っていたのである。それが、試しに平泳ぎで泳いだら……泳げた!

平泳ぎのコツとは、とにかくキックで進むということである。で、キックしたらケノビのように身体をまっすぐにする。ここで距離を稼ぐ。手カキは、小さなアクションでいいらしい。キック→スイーっと進む→手カキ(息継ぎ)こういう手順だったんだな~。そんなわけで平泳ぎって楽に進むなあ!と感心したのである。

クロールは相変わらず楽しい^^ クロールも全身で泳ぐということが大切だと思う。手でかくだけではない。体幹が抵抗にならないよう、しっかりと水に浮かせなければならない。手先は指が開かないように意識する程度、体幹の筋肉をうまく使いたい。

あとはドルフィンキックもうまくなった気がする。これもオーバーなアクションはかえって抵抗になり、少しの動きの方がスムーズに進めることを学んだ。

水泳は長く続けているけど、いい運動になる。身体が水冷式に冷やされるし^^ 間接を痛めることもない。私はスポーツ全般が嫌いだし、軽蔑さえしてるけど、水泳は良いものである。

といっても私の水泳は完全に自己流である。スポーツ選手じゃあるまいし、コーチングはいらないと思っている。結局、水泳は水との対話だ。どう泳ぐかは水に聞けばよろしい。そんなわけで私はまあまあうまく泳げている。

ヘタクソな人を見ていると、「手をかく」、「バタ足をする」、と頭で考えてしまうから泳げないのではないかと思っている。大事なことは「前に進みたい」という意志である。プールを見ていると、「いちおうクロールの形になっているけど、果たして前に進む気があるのか?」と疑うような人が多い。前に進みたい、と思わなければ前に進まないのである。

まあ私もヘタクソなので、戯言である。プールでスカッとしたので今日は酒飲んで寝よう。

6.25.2017

おっさんはどうなるか

どうやって今後生活していくのだろう。

おじさんは孤独なニートである。

文章家になりたい!と宣言して4年くらい経つのかな?目標は30歳までであった。それまでに達成できるのか。

自分の書く文章が、客観的にどうなのか……カネになるのか、賞になるのか。褒めてもらえるのか、人気が出るのか。そういうことを考えずに書いている。

文章を商品化することに長けている人がいる。小説家やコピーライター。いまはブロガーとして財をなす人も珍しくない。私はというとただ日課というか、書かないと気持ちが悪いので書いている。これはもう、何年も同じである。

最初は小説家になるぞ~みたいなテンションだったので、割合素敵な文章を書いていたと思う。いまはそんな意気込みはあまりない。だけどなんとなく、自分が文章家になるだろうという気はしている。だから特別努力することなく、いまのペースでのらくらやっていればよいのだろう。

つまらない会社員を辞めて、ニートライフを過ごしているのもその布石だと思う。私は会社を辞めたけれど、それは私が「意志」したことではなく、水が低きに流れるように自然なことだと思っている。

だいたい、自分が「意志する」という考え方がおこがましいのである。クリシュナムルティは「事実に直面しているのに、どうして選択があるのか」と言った。天職というものがあるとすれば、それはもう意志とは関係なしに勝手になってしまうのだろう。

サラリーマンが天職という人はサラリーマンになればよいし、芸術家が向いていれば芸術家になればよろしい。私は警察とか、軍隊とか、そういう組織には死んでも入りたくないが、世の中にはそういう職業が向いている人もいる。これはもう、生まれつきでしょう。

私は自分が文章家になっても、ならなくても、楽しければなんでもいいと思っている。つまらないのはもう嫌なんですよ。

そんなことを考えている。

6.23.2017

税金や年金や保険……

帰国して二日目。

日本はとても涼しい(^ω^)
パタヤの突き刺すような紫外線がないのはすばらしい。

手続きをいろいろとしてきた。

住民票を移す。
そして免許の住所変更。
ハローワークで失業保険の手続き。
あと図書館カードの発行。……これでやっと本が借りられる。

なんだか年金だの健康保険がでたらめな状態になっていたらしく……とても時間がかかった。私は保険とか、年金とか、そういう制度にまるきり関心がなく、基本的に役所からの封筒は開かずに捨てるライフスタイルなのでややこしい状態になっていたらしい。なんかベテランっぽい職員と、見習いみたいな人もついてきて、大学病院のオペみたいになってた。

まあ、どうとでもなる。自動車税も1年と半年払わなかったけど何もなかったし(ネットバンクから振り込みできると知って払ったけど)。

「文書のとおり」とは、会社に給与調査するよ、という意味。好きなだけしてください……。

日本には自分が思っている以上にダメな人がたくさんいるのであって、税金を滞納した、水道を停められた、免停になった、履修登録を忘れて留年したとか、そんな程度で自己嫌悪に陥る必要はない。ダメ人間界ではひよっこレベルだ。私なんて器物破損で会社の駐車場で逮捕されかけたしね。



はじめて行ったハローワークはおそろしくドヨンとしたムードだった。死と停滞の灰色の場所である。あれはメタファーとして、ろくなキャリアを積まない無職者が処罰される場なのだろう。羞恥と屈辱の刑罰。労働のレールから脱落した異常者、異端者としての烙印。精神病院、刑務所と並ぶ訓育のシステムである。

職員の対応は別に悪くない、むしろとても親切と言っていいくらいなのだが、それが逆に無職者のメンタルを侵害する気がする。すごく気を遣われている感じ。なんと言えばよいのか。「大丈夫、あなたはダメじゃないよ」という優しさを感じて、それが心に刺さる感じ。

異様と言ってもいいあの沈鬱としたムードはサティのジムノペディでも流せばだいぶ変わると思うのだが、「ハローワークが居心地良くなってはまずい」という事情もあるのだろう。失業者救済というのは建前で、失業者を罰するための場としてハローワークは機能しているのだと思う。

離職票が退職一ヶ月、まだ届かないので、仮登録だけしておいた。会社の総務に電話したけど、手続きの関係で来月になるとはどういうことだ。ハロワのおばちゃんがびっくりしていたぞ。私はタイに行っている間に届いてるだろうと思っていた。だから帰国したのだ。まあ、仮登録ということで手続きはできたからいいのだけど。

そんなわけで久しぶりに仕事っぽいことをしたので疲れてしまった私である(^ω^)



昨日高速バスに揺られながら考えていたのだが、パタヤに店舗を開くか、パタヤからの輸出ビジネスを始めようか……というアイデアが頭に浮かんだ。私のアントルプルヌールentrepreneur精神がメラメラ燃えだしたのである。

輸出ビジネスって、注文があってから買い付ければよいのだからゼロリスクだ。滞在費は、女遊びさえしなければ安いもの。……もちろん同じようなことをしている業者はあるのだけど、ホームページを見る限りレベルが低い(^ω^;)私が入り込む余地も若干ありそうな感じ。

熱心に金稼ぎをしたい!とか仕事を通じて成長したい!といったプロテスタント的エンスーではなく……「できるだけ働かずに毎日を過ごしたい」という消極的な起業になると思うのだが、こんな精神でどうにかなるのか。どうにかならないのではないか、と人は思うだろう。私もそう思う。

でも起業資金なんてたかだか数百万円、失敗したって命が奪われるわけではない。私は金がなくとも図書館で本を読めれば毎日ハッピーなのである。逆に金があっても本が読めなければsuckである。

私は人に使われるのも使うのも嫌だし、週40時間働くことは拷問だと思っている。だからほそぼそとした自営に憧れるのである。やってみる価値はあるのかもしれないな。

とりあえずはまた訪タイして、考えを煮詰めてみよう。おっさんには時間が山ほどあるからね。灰色の時間泥棒はやっつけてしまったよ。

6.22.2017

タイ旅行終了 日本に対する所感

帰国した。

タイの滞在は二週間だった。税関の日本人女性に、「けっこういましたね!」と言われた。そう、けっこういた。もう少しいる予定だったが、航空券が安かったので……。

すぐ地元に帰るのも嫌なので、大阪のゲストハウスで一泊した。ゲストハウスはフランス人が二人、イタリア人が一人、タイ人が一人、中国人が一人、日本人が四人いた。

フランス人は世界一周中らしく。東へ東へ進んでいるらしい。日本人とは逆だな。次は一気に飛んで、メキシコから南米へと。タイには一ヶ月いたらしい。英語が達者だった。

ゲストハウスのオーナーと話したが、日本は終わる。経済的に破綻して中国に攻め込まれる、と言っていた。うちの子どもは有名企業に勤めている!それなのに親に感謝もしない!ほとんど絶縁ですよ。こんな子どもばかりでは日本はおしまいだ、というようなことを言っていた。子どもに相手にされないからゲストハウスを経営しているのかな?と少しさびしい気持ちになった。

日本人の少し陰気な感じの女性と日本史や世界史の話をした。宗教や哲学のことなどまともに話したことはないので良い経験だった。

それにしても中国人の若い女性、北京出身、日本に留学していたそうで日本語ペラペラだった。なんだか健気でかわいくて嫁にしたくなった。嫁は外国人がいいな~とぼんやり思った。

久しぶりの日本だけど、あまりタイと距離があるようには感じなかった。またタイには行きたいと思っている。居心地のよい、快適な場所を知っておくことは、精神衛生上すばらしいことである。いざとなれば日本をぬけだしてタイで過ごせばよい。

今回の帰国は失業保険などの手続きのためと、あとは落ちついて読書がしたくなったため。ホテル暮らしもいいのだけど、何日も滞在すると飽きてくるし、かといって移動すると手続きだのホテル探しがしんどい。次くるときはマンスリーで借りようかな。

パタヤに長期滞在している日本人と会えたことはよかった。なんというか、みんな明るい。大多数の日本人が持っているあの沈鬱な空気感とか、緊張感がない。いいところに住んで、うまいもの食べて、性的なフラストレーションなど溜まることもないのだからストレスフリーなのかな。

在タイ日本人やタイ人を見ていると、「人生は楽しむべきもの」という感覚が伝わってくる。コンビニ店員とか賑やかに雑談してて、私なんて無視されるのだけどそれでいいんだよ。日本のコンビニ店員見てるとほんと悲しくなる。あんな過剰サービスいらない。うっとおしいし。下僕かお前らは。

「人生は辛く苦しいもの」というドグマが日本人を縛りつけていると思う。生きていくことは大変、だから精一杯働かなきゃいけないと日本人は考えている。

日本人って、みんな承認欲求が強い。見捨てられ不安みたいなものがあるのかもしれない。親に認められたい子どものように見えることがある。

帰国したときに思ったこと。「日本人はマゾの自意識過剰だ!」と。日本の若者はオシャレだけど、その姿からは「見てくれ」「センスの良い/おしゃれな/モテそうな/明るそうな……俺の存在を認めてくれ」という言外のメッセージがむんむんと出ている。

日本のサラリーマンはバリバリ仕事ができそうだけど、彼らからも「見てくれ」「仕事のできる/有能そうな/誠実そうな/仕事だけでなく趣味も充実してそうな……俺の存在を認めてくれ」という悲痛な声が聞こえてくる。

だれもが自分の存在に確固たるものを持っていない、と私は大阪の街を見て思った。これはヴェイユの「根こぎ」の状態と言ってもいいかもしれない。

何者でもない自己は肯定されるに値しない。何かをgetしなければいけないと考えている。大衆の心の深いところに欠乏が植えつけられている。無理矢理与えられた欠乏が無理矢理に社会を回転させている。欠乏が増加するにつれ社会が加速化していく。遠心力に耐えられずふっとぶ人もいる。そのなかのひとりが私。

私は日本の底辺労働者もにぎにぎ楽しく過ごせばよいと思う。底辺は楽しく生き、苦しむのはトップエリートだけでよろしい。政治形態問わずそれがコミュニティの自然な姿だろう。今はそれが逆立ちしている。

まあいずれにせよ、こんな国は一回潰れなければならない、と私は思った。

6.19.2017

タイのタワマンですき焼き食べおじさん

マンション経営をしている実業家のお宅を訪問。

アメリカの大学卒業後、アメリカの金融機関で仕事をし、日本で起業して、10年働いてリタイア。今はタイで不動産の事業や食料をしているらしい。40歳の人。カレー屋さんいわく、「私たちの金銭感覚よりゼロが二つか三つくらい大きい人」だとか。

他、元シェフ(70代)、元日本の大手企業の部長職(70代)、カレー屋さん(元クラブのママ40代)、日本企業の駐在員(40代)などといったメンツですき焼きを食べた。パタヤ永住をめざす人がいれば、パタヤと日本を往復する人も。

私が最年少。すこし緊張したが年上の人々に囲まれるのは苦手ではない。面倒見て貰えるからね。

「パタヤは長いの?」とか言われるが、私は一介の旅行者なのですよ。


すき焼き、おいしかった。牛肉食は私にとってはタブーなのだけど、いただきものなら食べる。

実業家の人はやっぱりオーラがある。只者じゃない感。意識高い系の大学生なら興奮して嬉ションしそうなステータスであった。

タワマンからの展望。カメラ持ってくればよかったな。

そのあと、カレー屋に移動してまたビールを飲む。お酒好きが多すぎるよ。また二日酔いになってしまった。

今後どうするのか、いろいろ考えている。

私はあまりお金を稼ぐことには興味がない。無論金はあればあるほどいいに決まっている。だが私がしたいことは、やはり思想的なこと、精神的なこと、芸術的なこと。

富是一生財 身滅即共滅 富は是一生の財。身滅すれば即ち共に滅す。
智是万代財 命終即随行 智は是万代の財。命終われば即ち随って行く。(実語教)
私が不動産投資や株に手をだすのを指して「金儲けが好きじゃないか」と思う人がいるかもしれない。私からすれば、大部分の人が従事する「賃金労働」という行為は金儲け以外の何物でもない。

従って、一日8時間以上も金儲けに費やすことができる人は私からすれば金満家だ。

私が欲しいのは高さではなく深さ。



今日から安いゲストハウスに戻る。1泊200Bのゲストハウス。

一階のエアコンの効いたロビーで涼みながら、ノートパスコンでこの日記を書いたり、ニーチェを読んだりして過ごす。もはやこれは旅ではなくなった。日本にいるのと大して変わらない。

しかしこの物価の安いパタヤで、日本と同じように過ごせるということが気づけただけでも大きな収穫だろう。日本で収入を得て、パタヤで過ごす。この方法を考えてみたい。

6.17.2017

タイに沈没おじさん

タイ11日目。



自分でも驚くほど怠惰に過ごしている。

今日したこと……ホテルを11時30分にチェックアウト。屋台で焼き鳥だの焼きおにぎりをつまみながら別のホテルまで酷暑のなか歩く。


シーフード酸辣湯。見てわかると思うが、うまい。だがぬるい。熱ければperfect. 60B


13時別のホテルにチェックイン。シャワーを浴びて、あとは音楽聞きながらネットをだらだらと過ごす。ニーチェ読んだり。
世の人は勤勉な者を賞讃する。勤勉さのせいで、その人は目を悪くして、精神の深さと新鮮さを失うというのに。世の人は「ぼろぼろになるまで働いた」若者を褒め讃え、愛惜する。それというのも人びとはこう考えるからだ──「最良の個人を失ったとしても、社会全体のためにはわずかな犠牲にすぎない! こうした犠牲が必要だというのは残念だ。しかし、個人がそう考えないで、自己保身と自己の発展を社会のための奉仕よりも優先するようなことがあれば、そのほうがはるかに残念なことだ!」と。世の人がこの若者を哀悼するのは、彼自身のことを思って悲しんでいるのではなく、従順で滅私奉公に励む道具──いわゆる「実直な人間」──が、死によって社会から失われたことを嘆いているのである。加えて世の人はおそらく、その若者がもう少し自分をいたわりながら働いて、長生きしてくれたら、さらに社会のためになったのではないかとも考えるだろう。……徳が褒め讃えられる場合、本当に賞讃されるのは、まさにこの道具としての性質なのであり、個人にとっての一切の利益の枠を越え、あらゆる徳を左右する盲目的な衝動──要するに、個体を全体にとっての一機能に変えてしまうもの、つまり徳における非理性なのだ。徳の讃美とは、私的には有害なものの礼讃であり、人間から最も高貴な自己愛と自己に対する最高の配慮の力を奪うものの礼讃なのである。(「喜ばしき知恵」河出文庫)
そういえばウェーバーもニーチェリアンだったな。 

これからの予定は何もない。適当な店で晩飯を食べ、youtubeを見ながら酒を飲んで終り。

もう日本に帰れよ!……と言われそうなのだが、日本にいるより金がかからないし、快適に過ごせるし、もう少しいてしまおうかな……と考えてしまう。今いる三ツ星ホテルは、プール付きで1700円。

Cocco resort. ちょっとボロいホテルだが、全体的にセンスがよい。画像はネット検索から。

立地はよくないのでレンタルバイクは必須。でも静か。

ドミトリーでもいいんだけどね。ドミ800円、三ツ星ホテルが1700円だったら三ツ星を選んでしまう。

実のところ、おじさんもタイからどこかへ行こうと散々悩んだのだよ。候補はオーストラリア、キルギス、エジプト、ネパール、香港、ラオス、インド、メヒコ(メキシコ)、フィリピン。刺激的な国が山ほどじゃないですか。

でも、「6月」という時機がとても良くないことに気がついた。

灼熱地獄……インド、ラオス、エジプト
雷雨地獄……ネパール
物価地獄(通年)……オーストラリア、香港
航空費地獄(通年)……メヒコ、キルギス

当たり前の話かもしれないが、オーストラリアのような南半球の国やメヒコ・ネパールのような高地を除けば、6月は雨季あるいは暑期である。エジプトは気温40℃の世界。だから世界一周しようと思うのなら、11月くらいからが良いと思う。物価の安い国は暑い法則。ほんとうに暑い。やってられない。

もちろんヨーロッパ諸国は温暖な時期でハイ・シーズンだろう。ただ、おじさんが気づいたことには……ヨーロッパは遠い。タイからだとなんだかすごく遠い国のように感じられる。ドミトリーが最安で一泊2500円とか、外食で1000円とかね。そういう点がすごく遠い。香港も信じられないくらい物価が高くて唖然とした。そういえば不動産価格が世界一なのが香港だった。

タイからメヒコも非常に遠い。航空費は10万円近くする。南米orアフリカは一度行ってみたいものの、なんとかなく乗り気にならない^^;

インドネシアはタイやラオスと逆で、今の時期が乾季。ただ、頭の中でこんな声が響く。「どうせタイと変わらないだろう。治安もタイよりずっと悪いし、タイでいいんじゃないか?」と。

そんなわけで今日もチャーンビールを飲みながら一日を終えるのだろう。ほんと、どうするんだろうこれから。

市場へ足を伸ばす。
RX-1Rはとってもいいカメラ。



タピオカ入りフローズンドリンク(Ice tea味)。30円ですよ、これが。
日本の縁日で売ったら400円はいけるね。

6.15.2017

パタヤ・ザ・パタヤ

タイ旅行9日目。

タイでの洗濯は……クリーニング屋か、コインランドリーとなる。

クリーニング屋は乾燥までしてくれて、私の場合ズボン+Tシャツ二枚+下着+靴下で60B~80B程度。コインランドリーは乾燥機能はないものの、洗濯機のサイズに応じて20B~40B程度。バンコクではもっと高くなるし、田舎では安くなると思う。

当初はホテルの洗面所で洗濯しようと思ったが、朝になっても乾いていないことが多く、生乾きがひどいことがあるので、クリーニング屋に任せることにした。

私の知るかぎり、クリーニング屋は愛想がいいことが多い。ホテルの近くのクリーニング屋へ行ったら、一緒に飯を食わないかと言われた。日本人が好きなんだとか。「こんにちは~」だの「元気ですか~」など声をかけられる。

それでゲイの男性二人、(多分)ノーマルの男性一人、女性二人のタイ人と酒を飲み飯を食った。


みなイサーン(タイ東北部の田舎)の出身で、友達同士であるらしい。写真下の男性はあからさまなゲイで、賑やかで楽しいお調子者といった具合だが、もうひとりのゲイはクールでオシャレだった。というか、小奇麗で痩身の男性は総じてゲイ扱いされるらしい。日本の大学生がタイへ行ったらほぼゲイ扱いだと思う。

上の女性がたぶん店主で、このクリーニング屋を始めたのは6日前だという。日本の札幌にもいたらしい。札幌はめちゃ寒かった、と言っていた。

彼らは英語が達者だった。教養がありそうな感じ。ビールを飲んで、イサーン地方の料理を食べた。オムレツはおいしかったけど、唐辛子漬けの料理が死ぬほど辛かった。ペヤングの激辛やきそばより辛い食べ物がこの世に在るとは驚きである。

ただ……だんだん私のコミュ障っぷりが発揮されてしまい^^;

なんだか微妙な雰囲気になったので帰ってきた(私は一対一ならなんとかなるけど、多数のなかで発言するのが本当に苦手)。タダ酒を飲んでしまったが、返すものもないので(お金は失礼だろう)でもまたビールを持っていってやりたいな。

このとき初めてドリアンを食べた。「ビールとドリアンの組み合わせはよくないよ。少しなら大丈夫だけど。この前もファランが死んだ」とまことしやかなことを警告される。

ドリアンはよく言われるような臭気はそんなに気にならなかった。味は蛋白だがとにかくこってりしてまろやかだな、という印象。まずくはないけど、積極的に食べようとは思わないかな~。ココナッツとかマンゴーの方が好み。世の中には熱狂的なドリアンフリークがいるらしい。

で、そのあと近くにある日本人カレー屋にハシゴした。日本人の駐在員がひとりいて、一緒に酒を飲んだ。とにかくパタヤの日本人は酒好きだ。

やっぱり日本人同士は楽しいな、と思う。「日本の住宅コストは異常に高い」「日本ではただのサラリーマンだけど、タイにいればエグゼクティブ。運転手がついているし、家の中を自分で掃除したことがない」「でも日本の飯は安くてうまい」などの話を聞く。「タイは居心地がいい。もう日本には帰らない」と。

たしかに日本のホテルやマンションは高いよなー。パタヤの中心街では、マンスリーで10000B。郊外だと5000B。カレー屋の日本人女性は、2500Bのコンドミニアムに住んでいるらしい。で、水道代電気代は200Bくらいなんだとか。

イサーン地方へ行ってみたいと計画しているのだが、「日曜日に日本人の集まるすき焼きパーティーがあるからこないか」というような話を聞き、行ってみたい気がちょっとある。リタイアして不動産収入を得ている超金持ちが集まるらしい。

とりあえず、今日は二日酔いなので……ホテルを移して、またパタヤで過ごすことにした。今度はパタヤ中心部で、一泊1700円。なんだか高く感じてしまう不思議。カレー屋の女性に「円換算してはいけない。タイ基準で考えよ」と注意された。

でも日本感覚だと1700円は爆安だよな~。漫画喫茶の方が高いよ。

ホテルは1700円、マッサージは一時間600円、食事は屋台で100円~300円、水は30円、ポテチは60円。タクシーは初乗り100円。相乗りトラックは30円~60円。性的サービスはピンきりだけど、handjobで1000円、本番行為は2100円から(1B=3円計算)。

シーフードチャーハン、70B。ボリューム満点。

しかも至るところにコンビニがあってまったく不便しない。

治安はとてもよろしい。そこかしこ外国人だらけなので、逆に外国人目当ての犯罪に遭う可能性も少ない。昨日もほろ酔い気分で午前1時頃帰宅。泥棒より野良犬が怖い。

こんなすばらしいところがあったのか!……というのが、おっさんの正直な感想。日本で稼いで、パタヤで生活するというのがbest wayな気がしてきた。

パタヤの不動産投資も検討している。というのも、今後絶対にパタヤの不動産需要はあがっていくだろうからだ。ここ5,6年で、パタヤの不動産価格は1.5~2倍程度上昇しているらしい。「リタイアして移住したい」という高齢の日本人相手に商売したらたぶん間違いなく成功すると思う。

私の手持ちの資金は、日本で不動産投資なんてとてもできない微々たるものだが、タイの物価事情を考えると十分なのではないかという気がしている。

まあ、じっくり考えてみよう。

6.13.2017

タイ旅行7日目 謎の日本人カレー屋さん

カキを食べたいと思いパタヤのウォーキングストリートを巡ったが、高級店しかなかった。カキ一個が80Bはちょっと高い。

ウォーキングストリートは初めて行ったのだが、日本人が見てもわかるようなあからさまなチンピラが多いな、と感じた。風俗街でもチンピラみたいな人は少なかったけど、ここには多い。ただ治安の悪さはあまり感じない。

中国人観光客が溢れんばかりに多かった。ストリップ小屋やバービアもあるところを、中国人カップルやおばちゃんたちがツアリストの旗を目印にして歩いている。タイの娼婦たちはぼんやりとその群生を眺めている。

ウォーキングストリート

さて飯を探さなければいけないのだがウォーキングストリート周辺は高すぎるし、前食べた店に行こうと思ったがそこは遠い。屋台や店にもなんとなく入りづらく、結局ホテルに帰る頃にはセブンイレブンで買ったポテトチップスだけ。

しかしホテルで飢えるのも馬鹿らしいので、ふたたび外出し、ホテル周辺で開いている飯屋を歩いて探すと一件あった。椅子に店員の男女が座っている。「OK? NO?」とテキトーな英語で確認すると、まだやっているとのこと。

「日本人ですかー?」と女性の方に聞かれた。そうだと答えると、「私も日本人です」。暗がりなのでよくわからなかったが、たしかに日本人女性であった。「VISAの関係で、この人と結婚しているの。もうタイに住んで10年」。

あまり人に知られたくないようだったので、名前は伏せて料理の画像だけ。何も知らずに入った店だったが、日本風カレーを出してくれる店だったらしい。

カレー80Bとサービスのおひたし

その女性(Bさん)と、タイ人男性(A男)とビールを飲みながらぺちゃくちゃ喋り倒した。A男は10年間寺に篭っていた。そんで次の10年は、月に一回働く程度のニート生活。40歳近くになって最近やっと毎日働くようになったと。

仏教の話をさせるととても長い説教を英語でしてくれる。仏性はこころに宿るのだよなどと言われた。Bさんはというと無宗教、仏教は胡散臭くて嫌いだそうでいつもA男と喧嘩してるらしい。別段A男が信仰深いというわけではなくって、タイの人は悩みがあると寺に何年か篭もるのが普通なんだとか。A男は修行で森の中をひたすら歩き倒したとか。

Bさんはとにかく寒いのが嫌でタイに着たという。あとはゴルフ好きで、毎日していた。あの手この手でタイへの滞在期間を伸ばしている。曰く、タイは賄賂でどうにでもなる国。

だらだら好きな音楽を流したりバイクの話をしたりしているとあっという間に閉店時間を過ぎて午前1時に。遅くまで話し込んで、悪いことをした。ビールを5,6本飲んだのだが250Bだけでよかった。酔っ払っていたので気が回らなかったが、今考えるとチップをたくさん払っておけばよかった^^;

パタヤに移住する日本人は割りと多い様子。ただしビザのとりやすい高齢者が多いらしい。リタイアした高齢者、あとはゲイが日本からやってくるそうである。

なんでタイにはゲイやレディボーイが多いのかBさんに聞いてみると、男ががっつり稼ぐにはそれが良いのだとか。いまでこそ工業的に発展しているが、それくらいしか金を稼ぐ方法がなかったのかもしれない。

私もA男に何度も「お前はゲイではないのか?」と聞かれた。たしかにタイに着てから複数人に「お前はレディボーイみたいだ」「ゲイみたいだ」と言われた。たぶん痩せていて髪が(タイ的には)長いからなのだろうが。私はノーマルだけど、ゲイに寛容であることは良いことだと思う。フーコーもパタヤにくればよかったのではないかな。

ああ、それにしてもパタヤで二日酔いになることになるとは!ホテルにもう一泊することにした。今日もだらだら過ごそう^^;

6.12.2017

comfy NEETlifeはパタヤにあった

パタヤ四日目。タイ六日目。

まずいことになった。パタヤの居心地がよい。

ほんとうはタイからあちこちに移動する予定だったのだが……。なんとなく、安いホテルを見つけたので今夜もパタヤに宿泊することに。

お腹の不調は改善してきたのだが、痔が深刻に悪化しているので療養したいというのがひとつの理由。イボ痔が普段の3倍増しくらいになっている。ステロイド軟膏を塗って応急処置。でも歩いていると、何かの拍子にイボが飛び出てくる。悲惨である。

今日したことといえば、アメリカンブレックファスト(120B)を食べたことと、タイマッサージ(200B)を受けたこと。そして珍しいおばちゃんバイタクに乗ったこと(60B)。

正午に食べるブレックファスト。

目玉焼きは意外にも半熟で、トーストに塗るのはちゃんとバターだった。

日本人はアホみたいに働きながら、ちゃんとしたビールやバターを食べることもできないなんて気の毒だな~と思いながらぼんやり食べていたら一時間経っていた。

それで、あとはエアコンの効いたホテルでだらだら。

一泊1700円のホテル「Bonkai resort」。プール付き。ハイ・シーズンは一泊3600円くらいらしい。

はじめは雨季に来たことを後悔したが(蒸し暑いので)、ホテル代が安いのは助かる。ちなみにタイのベストシーズンは12月~2月の乾季で、今の時期の3℃ほど気温が下がるようである。

さてホテルについたはいいものの、することがない。ノートパソコンのデバイスの調子が悪いので再インストールをしたりとか、写真を数千枚wifiでGoogle photoにアップロードしたりとか、実にどうでもいいことをして日々が過ぎる。

日が暮れたらまたカキを食べに行こうと思っている。

実にどうでもいい日々である。何もしていない。恐ろしくストレスフリーの生活である。これでいいのか、ということを考える。

まあ、シッダールタも金儲けや女遊びに溺れたことだし、こういう享楽的な日々も大事なのだろう^^; 
「詩人と賢者にとっては、あらゆるものが親しく、神聖であり、あらゆる体験が有益である。どの日も聖なるものであり、あらゆる人間が神的である」 (エマソン)(「悦ばしき知識」)

 箴言に曰く
鋭利なること柔和なること、粗野なること繊細なること
親密なること疎遠なること、汚穢なること清浄なること
道化と賢者の巡り合い
私はこうしたもののすべてであり、こうしたもののすべてでありたい、
鳩にして、蛇にして、豚でありたい! (「悦ばしき知識」)

このニーチェさんの箴言はよくわかる。

人間は不断に揺れ動く存在であるとパスカルは言った。ホリエモンみたいに成り上がる奴がいれば、アシジのフランシスのように富を手放す人がいる。人間は行きつくことが苦手なのだ、と言ったのはドストエフスキー。

「出家とその弟子」では、もっとも清浄なる僧侶が、もっとも不浄な娼婦に恋をする。マクベスには、「きれいはきたない」。

だから貧者でも富者でもいいけれど、いちばんよくないのはだらだら働いて気づいたら人生終わってるパターンだね。「大多数の人間は、泳げるようにならないうちは、泳ごうとしない」ノヴァーリス。カフカのなんとかの門。

そろそろカキを食べに行くか。

6.11.2017

タイ5日目@パタヤ だらだら旅

タイ5日目。

だんだん慣れてきて、旅というより滞在という感じになってきた。

レンタルバイクを借りようと思ったが、バンコクでは店舗が全然ない。とりあえずゴミゴミしたバンコクを離れたいと思い、パタヤへ移動。初日は歓楽街近くのカプセルホテルに泊まったのだが、ちょっと雰囲気が悪いホテルなので移動。

中華系のユースホテル「Qinglian Youth Hostel」に泊まったら、スタッフがみんな親切だし、笑顔だし、ランドリーも無料だし、wifiも繋がるのでとても快適(以前のホテルはいずれもwifiがあってないようなものだった)。しかも裏庭には猫が寄ってきて、お腹を見せてくれる。

ガリガリで毛並みの悪い猫。
いちおうキャットフードを与えられているようだったけど。

中華系なので中国人の若者が多いが、よぼよぼのファランとか、日本人風の四十路くらいのおっさんとかもステイしている。一泊700円程度。ただゲストハウスによくあるような「仲良くなって国際交流」みたいな雰囲気はない。だいたい、パタヤにくる男は性風俗目的が多いので、後ろめたいところがあるのかもしれない。

腹の具合は相変わらず悪い。食べているものがよくないのかも。

タイ初日 コンビニのパン
二日目 グリーンカレー 
三日目 屋台の蒸鶏定食 コンビニのパン ケバブ 野菜サラダ
四日目 チキンバーガー コンビニのパン

と、そんな食事ばかりなので昨日は初めてレストランへ行くことに。レストランといっても、庶民的なところだけれど。(そういえば、獣肉を食べないようにしていたのにケバブを食べてしまった。)

ビールの大瓶、カキのチーズ焼き、シーフードミックス
カキはソースにつけないで食べた方がうまかった。

しめて399Bだったので、1200円。シーフードは正直冷凍食品のシーフードミックスを食べているようで不味かったのだが、カキがうますぎた。ほんとうまい。カキだけなら150B、450円くらい。

おじさんは気づいたのだが……やはりたまには美味しいものを食べなければいけない。カキをほおばりながらビールで流し込むと、一気に元気になった。

旅の目的があいまいmoco

タイ5日目、だんだん慣れてきた。

学生時代の旅とは違う。時間がたっぷりあるので、「どこかへ行かなきゃ」という強迫観念がない。これまで、観光地はどこにも行っていない。汚いパタヤビーチを見たくらいか(ボートと)。ワット・ポーも、ジム・トンプソンの家も、歩いて通り過ぎてしまった。

観光地も行かずマッサージも受けずショッピングもしない謎のタイ旅行。良いものである。

学生時代と違う、もうひとつのことは「旅」というテーマにしばられなくなった。当時と違って、今はsimもあるし、googlemapのGPS機能もある。Booking.comで予約すればチェックインもスムーズ。ホテルを交渉しながらまわったり、地図を片手に散策し、現地人に道を聞いたり……といった、旧来的な旅の形式はなくなった。楽で、失敗がないのである。

学生のときは海外へ一人旅で行った……と言えばそれなりに自慢できたのが、情報の溢れた今となっては大したことではないのかもしれない(国によるけど)。インターネットが何もかも変えた。かつてはゲストハウスで友達ができたり、現地人に親切にされたり、そういう思い出があったのだが……まあ、いい年して仕事にも就かずにだらだらしているジャパニーズのおっさんなど誰も興味はないだろう。

タイに没落する

日本と比べればタイは生きやすい。物価が安い。なんといっても生ビールが安いのが嬉しいところ。コンビニで60Bで瓶ビールが飲める。お店だと100Bくらい。

私は旅に出る前に、海外旅行をしようか、日本の田舎で別荘を買ってひっそり暮らそうか迷ったのだが、タイでだらだら過ごす方がコスパが良いのかもしれない。

別荘は40万円程度、改修で100万円はかかるだろう。タイであれば、一泊700円。一日の滞在費は2000円もあれば十分だ。となると一ヶ月で6万円あればよいことになる。720万円あれば10年生活できる。毎日ユースホテルということになるが^^;

しかし5日目にもなると、そろそろ「観光地」らしいところへ行きたくなってきた。今日はパタヤでぶらぶらしよう。明日は東北部のイサーンへ移動する予定。

ちなみに当初の目的はレンタルバイクであちこち移動することだったのだが、二時間だけ借りてやめてしまった。なんだか強烈に、「これではない」という感じになったのである。バイパスを延々走って楽しいわけがないね。

契約違反だと言われて、二時間のレンタルで400Bも払ってしまった。アホくさ。まあ、日本のレンタルバイクに比べたらそれでも安いのだが^^;

イサーンへ着いたらまた借りてみようと思う。

6.10.2017

タイは階級社会である

朝5時頃、ファラン(白人)の叫び声があがる。

「まだ夜だぞ!だれが電気をつけた?」
「だれかがいびきをするせいで眠れない!」

たしかに電気がついたのは謎だけど、そんなに文句あるならシングルルームに泊まれよ!というかお前のせいで眠れねーよ!

……とカプセルホテルに蜂の巣状に詰めこまれた10人の異邦人全員が思っただろう。


なんとなく平和そうだな~物価安そうだな~ということでタイへ来たので、タブーのようなものを知らなかった。

タイでいちばん偉いのは王族、次に仏僧で、このふたつは雲の上の存在。女性が仏僧に触ると重大犯罪や、国際問題に発展することもあるので注意……。上座部はエリートの仏教であり、厳しい義務と戒律があるのである。肉食セックスなんでもござれの日本仏教とは違うという。

大衆クラスでもエリート層と貧困層は明確に区別されており、身なり、整った髪型などで判断される。とくに身なりは大切で、よれよれのTシャツ、短パンで過ごすことは階級的に下と見られ、デパートなんかは入っていけない(入ったけど)。このよれよれ短パンが許されるのはタイではファランのみである。

そう、タイではファランは白人というだけで人種的な強者となっている。

広くアジアの国々(というか世界の陸地という陸地)は、ヨーロッパ諸国に支配された歴史がある。

タイは東南アジアにおいてその唯一の例外であって、西はイギリス系のマレーシア、ミャンマー、さらにインドに、東はフランス系のカンボジア、ラオス、ベトナムに囲まれている。

ヨーロッパ諸国に支配されていた国。
青がフランス系、赤がイギリス系。日本とタイは支配されたことがない。

が、これは別段タイが強硬的抵抗したとか、軍事的に強い国だったというわけではなさそうである。タイがフランス・イギリス、いずれの領地になったとしても、なんとなく「アンバランス」になることは地図を見ればわかると思う。


英仏の二大勢力に対する「緩衝地帯」という見方が一般的であるらしい。

まあ長々と書いてみたのだが、タイにおいて白人が上位階級に置かれているのは歴史的経緯があるようだということ。

アホみたいに日系企業が進出しているタイではあるが、日本人の地位はそんなに高いわけではなくて、タイ人よりちょっと上程度ということらしい。第二次大戦でタイは日本帝国と協力的な枢軸国であったものの、日本軍の駐兵・進駐を認めていた程度であり、植民地支配を受けていたわけではない。


白人アルビノ説について考えている。彼らは黒人に差別され、追放された歴史を持つ。その怨恨が現今の人種差別につながっているのではないかということである。トンデモな話だけど、神経症でフロイト学者である岸田秀がこの説を熱烈に支持しているのでなんとなく私もそうなのかと思ってしまう。
 「(ヨーロッパ人は)差別され追っ払われた連中に違いないんですよ。黒人たちのあいだにアルビノの白い子たちができて、みんなに気味悪がられて嫌われて、北方へ追われたとしか考えられないですね」(「一神教vs多神教)
つまりアフリカからヨーロッパに追放されたのが白人たちだったと。

宇宙の根本原理であるところの「作用反作用の法則」がここで成り立つのだろうか。「まぼさく」風に言えば「やったことはかえる」ということである。まず黒人が白人差別をした。次に白人が黒人(有色人種)差別をした。と、こう考えると数千年の壮大な歴史がシンプルに説明できる気もする。

彼らはこのタイの歓楽街において、王者のようである。白人というだけで、そう扱われるのである。この地は白人たちが数千年の間思い描いていた理想郷なのかもしれないな、ということを考える。

6.09.2017

おっさん旅行@バンコク 1日目~3日目

・バスにお弁当を忘れた。
・搭乗予約の性と名を逆にしていた。(今回はいいけど乗れないこともあるよ、と怒られた)
・手荷物検査で午後ティーを入れっぱなしだった。
・イミグレーションカードなしで入国審査の列に並んでいた。
・現地のホテルの予約がとれていなかった。



まあアホなことばかりしているが特に問題なし。
タイ着。

カオサン周辺。
かつてはバックパッカーで賑わったが、今では頭の悪そうな外国人が多い。

久々にタイにきて思うこと。外国人は怖い。アジア人も怖いのだが、白人はもっと怖い。白人は黒人から生まれたアルビノだった……という説がなんとなく理解できる。まあ、黒人も怖いんだけどな。島国生まれなんだから、外国人が怖いのは当たり前だ。今回の旅でそれが克服できればいいと思う。

今回持参したカメラはRX-1R。やっぱり画質がいい。

外国に行って困るのは、どういうのが輩(チンピラ)のコードなのかわからないということ。日本だったら入れ墨とかピアス、眉毛とかで判断できるのだけど。上のおっさんはちょっと輩っぽい。

もともと都市部が嫌いだから、首都にいてもつまらないと感じる。空気が汚い。飯が高い。タイ東北部の、イサーンという地方(そのまま「東北部」を意味する)はまだ古きよきタイの雰囲気を残しているらしい。

イサーンまでバイクでぶらぶら行くのか、飛行機で1時間、さっさと行ってしまうのかは考えどころ。

二日目。

次のホテルをさっさと決めてしまうことにした。今度は500B(1600円くらい)のホテル。日本だと前日予約は高くなるが、タイでは直前のセールしていることもある。まあ、その方が合理的だ。

そんなわけでホテルまで4kmほどをひた歩いた。バイタクやトゥクトゥクの便利なタイなのだが、私は外国で歩くことが好きなのでてくてく歩いた。


路地裏を歩くと面白い。下町的な、コンビビアルな共生関係を見ることができる。


おもしろいことに、3年前と同じところに行きつく。あ~こんなところあったな、という場所。帰巣本能か?

変わっているようで変わっていない。物価は感覚的に3年前の1.5倍なのだが。日本よりは全然まし。

私の大好物、グリーンカレー。40B(120円ほど)。
やはりグリーンカレーにはパラパラしたタイ米が合う。
巨大なエリンギ、生姜が入っている。

ホテルまで歩いていく予定だったが、熱中症気味になってきたのでバイタクを頼むことに。80Bだった。公認バイタクだったので値切ることはしなかったが、今考えるとぼったくりだったかな。

バイタク乗車中。

バイタクの運転手は、そうとうすごい。私は10年近くバイクに乗っているが、彼らのような運転はできないと思う。後ろに人を乗せて、50cmほどの隙間を縫うようにすり抜けていく。よくコケないものだな、と。

ホテルに着く頃には、バックパックが肩に食い込んで相当痛くなっていた。とりあえずシャワーを浴びる。

夜、タイにきたのだからとバンコク最大の風俗街、ナナプラザへ行く。何をするでもなし、かわいい女の子といまいち盛り上がらない会話をして、コーラ代とビール代500B払っておしまい。

タイに20日ほどいる予定だ、と言ったら驚かれた。私には時間がいくらでもあるのだよ。なぜってNEETだからね。

ナナプラザへ行く途中。

私はキャバクラとかそういうのが苦手だ。なんというか……無邪気になって楽しむことができない。気をつかってしまうというか……多分そういう職業の女性にとっては、扱いにくい、いちばん嫌な客だと思う。まあ、彼女たちはキャバ嬢ではなく身体を売っているのだが。

レディボーイ(おかま)は相変わらず多かった。3年前もナナプラザをひととおりまわったのだけど、そのときより盛り上がりは欠けているように感じられる。

21時頃、ホテルへ戻る。なんだか風邪っぽいので早めに寝る。

三日目

朝。エアコンの強烈な音で目覚める。なぜか温度設定が17℃になっている。風邪っぽくてふらふらする。三日も経つと、タイに慣れてくる。やっぱり治安はいい。犯罪の臭いが何もしない。

とりあえず朝食とミルクコーヒーを買いにいった。ミルクティーが欲しかったのだけど、コンビニにも売っていない。緑茶とウーロン茶はあるのだけど。

衝動買いした焼き鳥。5B。おいしくて笑顔になってしまった。

照り焼きチキンのハンバーガー、25B。ミルクコーヒー、29B。やっぱり物価があがってるな~。ミルクコーヒーも3年前はこれでもかというくらい練乳が入っていたのだが、今は割りとスマートな味になっている。

ミルク(練乳?)はきっちり目盛りで入れられる。
几帳面なのか、クレーム対策なのか。

量はやたら多い。
半分で良かったかな。

ハンバーガーは画像がないのだが、レタス・ケチャップが別包されていて、シャキシャキのレタスが味わえるようになっている。

コーヒー同様、バンコク全体もスマートな感じになっている気がする。

とにかく目に着くのは日本製品である。自動車、バイク、ファミマやセブンイレブンなどのコンビニ、家電製品。


日本の百均の商品が、スーパーで60B(180円)で売られている。

なんだかアメリカが日本にしてきたような文化侵略を、日本がタイにしてきているようにも思われる。グローバル化とはそういうものなのだろうが、日本の覇権国的な一面を見たような気がする。人によっては誇りに思うのだろうが、私はあまりいい気はしなかった。

托鉢僧がいた。
これでもかというくらい大量のお布施されていた。
お布施するときは、こちら側が「ありがとうございました」と礼をする。

敬虔な仏教徒が多い。

まあ、今日はバイクのレンタルを探してみよう。それで、とりあえずタイをぶらぶらしてまわってみようと思う。都市部はあまり好きではないな。


またインドでも行くか……

エアアジアのサイトを見ていると、バンコク――インドのコーチ行きの航空券が12000円くらいで安い。直通で4時間。ただ、現地には0時に着くのだが……。

コーチに行ってもいいかな~と思っている。インドは以前、バラナシ~コルカタに行ったことがあるのだが、南部は行ったことがない。タイのカオサンも沈没者(現地に留まって長期間だらだら過ごしている廃人)が多かったというが、インド南部(ゴアなど)もヒッピー崩れの沈没者が多いとか。コルカタよりは快適に過ごせそうである。

意外なことに、私が旅行したときよりルピーが下落している。私がいたときは1ルピー2円程度だったが、今は1.7円。これなら長期滞在できそうだな。インドで快適ニート生活……?

インド入国にはVISAが必要なのだが、バンコクではインドVISAが入手できない。かつては取れたみたいだが、いまは外国人のVISA申請を受け付けていないようだ。コーチ空港でもアライバルビザを取ることができるのだが、帰りの航空券も入手しておかなければいけないみたい。ちょっと計画を立てなければいけないな~。コーチからどこへ行くのか。帰国するのか。またどこかへ行くのか。

googleフライトでコーチ発の航空券を適当に調べる。

オーストラリアのバースに、17000円くらいだそうだ。インドもタイも雨季であり、カラッとした国へ行きたいという気がする。

イタリアはミラノに40000円。ヨーロッパ……行ってみたいな~。でも、ヨーロッパって怖い。なぜかインドより怖い不思議。物価も死ぬほど高そうだ。

クウェートまで15000円。クウェートへ行って、何をするのか?何があるのか?まったくわからない。

お隣さんが怖い国だが、治安は良いらしい。

まあもう、どこでもいいや。時間と金はいくらでもある。気の向くまま、風の向くままに旅行してみようかな。

6.06.2017

ジャイナ教に感心するおじさん

ジャイナ教の托鉢僧ってすごい。

ジャイナ教の教義は無所有である。金を持たない。着替えを持たない。持ち物は、托鉢と、手織りの布だけ。それで徒歩で何千キロも旅をする。靴すら履かないのである(大地に暮らす生き物を殺さないため)。



それでどうやって生きていけるのか?世人たちの家や、食事を分け与えてもらって生きるのである。もし民家がなくとも、数日は断食しながら過ごす。

倉田百三の「出家とその弟子」でも、親鸞が凍えながら宿泊を求めるシーンがある。日本の場合は裸足というわけにはいかないので、下駄や草履を履く。よく笠をかぶった托鉢僧が新宿駅などにいるけれど、ジャイナ教徒のように布切れ一枚というわけにはいかないようである(寒いし)。

辛子色の法衣がオシャレ。

ジャイナ教の教祖はマハーヴィーラだが、釈迦と同時代に生まれており、また釈迦と共通の聖地を持つことから、同一人物説もある。教義も似通っている部分が多い。

極端というか、ストイックなジャイナ教徒は裸行派(ディガンバラ)と呼ばれ、托鉢や布切れすら持たずにすっぽんぽんである。

ディガンバラの聖者

孔雀の羽は小さな虫を殺さずに払うためのもの。すっぽんぽんでもメガネはかける。ちんちんを傷つけないように仰向けに寝なければいけないらしい。過酷である。

インドのような暑い国だから可能なのだろうけど、果たして日本では実践可能なのだろうか。沖縄の西表の無人島に全裸で暮らすおっさんがいるらしいけど。

私はジャイナ教の教義に賛成である。生き物を殺さずに生きていくべきだし、自然と協調しながら生きていくことが大切だと思う。……と言いつつも、魚は喜んで食べてしまう私だが。

ジャイナ教のアヒンサーの実践は難しい。菜食主義であることは確かなのだが、植物を殺してもいけない。どういうことかと言うと、その収穫によって植物や地中の生き物を殺してしまうものは食べられない。トマトやナスはいいけれど、人参や、じゃがいも、玉ねぎは食べてはいけない。さらにスイカなどの種は捨ててはいけなくて、丁寧に取り除いて庭に撒かなければならない。

よく「動物を殺すのはかわいそうで、植物を殺すのはよいのか?」というベジタリアン批判があるけど、ジャイナ教はこの点をクリアしている。さすがである。

まあここまで極端にせずとも、我々は自然と協調して生きるべきだろう。釈迦は菩提樹の下で悟りを開いた。彼もまた木に教わっていたのである。木は仏陀より賢かった。



なぜいきなりジャイナ教?ということなのだが……明日からタイへ行くのだが、その準備をしていると、なんだかアホくさいな~と思えてくるのである。ガラクタばかりを「必要だ」とつめこんで行くのだから。

タイへ行ったらバイクを借りて方々を巡る予定。楽しいのだろうけど、ジャイナ教徒の巡礼よりも実り多いとは思えない。まあ世人が聖人の真似をしようったって、限度があるものだ。

それにしても、ジャイナ教徒のようなストイックな聖者がいれば、少しは日本も良くなると思うのだが。カルト宗教の跋扈、伝統宗教の形骸化、政治との癒着など、宗教界の腐敗が日本をダメにしている大きな要因という気がする。

6.04.2017

不幸の源泉としての父親

人間の不幸は、内面的な「性質」の腐敗堕落によって生じるよりも十倍も多く外面的な意見や習慣の束縛から生じる。わたしたちを縛り付け、盲目にさせるのはわたしたちの両親の血よりも、むしろ両親の生活なのである。トラハーン
ダメな親を持つことは辛い。

私の父親を見ていると、母に逃げられ、子どもからも逃げられる理由がわかる気がする。一家バラバラの原因はこいつだ。

一見善良で優しい父親なのだが、その根底にあるのは臆病と逃避と未熟である。男らしさがない。父親らしさがない。たぶん、彼には父親であることが耐えられないのだろう。永遠の子どもでいたいのだと思う。十歳児が突然父親にさせられたような、当惑、逃避、拒否といったものを感じる。

端的に言えば、「父性がない」ということである。肉体的には壮健なのだが、精神的には女の腐ったような、うじうじ、はっきりしない、なんとも頼りがいのない男であった。

家長という感じはしない。自分の意志を持たない。黙って辛抱していれば、いつかなんとかなるだろう……。じっと耐えていればよい。母が泣いても、離婚されても、子どもが反抗しても、じっと耐えていればなんとかなる。そういう、抑圧された奴隷根性の人間であった。

子どもは父親に父性を求めるのである。母には母性があったが、父には父性がなかった。今もっても、なよなよして、子どもに媚びるような態度を取る。まあ、もう父とは関わろうという気はないのだから、実家に居候している間は我慢しよう。……しかし子ども時代は地獄であった。私にとって父は世界の半分だったのだから。

ロレンスの「無意識の幻想」を読んでいると、父のことが書かれているようだった。男は、優しくて善良なだけじゃダメなんだよ。

男女はそれぞれ相手を自意識過剰から脱け出させるように闘わなければならない。男女の慣れ親しむような関係維持のために、実践するよう教え込まれている、不治の病のような辛抱ではなくて、この上なく激烈な公然たる対立状態が生じるべきである。あなたの妻が他の男たちといちゃついているのが気に入らなかったら、みんなの前で、妻、男、その他のみんなの前で、そういうことは気に入らない、そういうことは許さないと言うがよい。もしあなたの妻が、どのような状況においてであれ、嘘をついていると思われたら、お前は嘘をついているな、と怒りや激怒を込めて言い放ち、嘘を言うのを止めさせるがよい。自分の怒りが正当化できるかどうかなど全く気にするな。あなたの妻の行為があなたの憎悪を掻き立てるようなら、激怒を込めて妻に向き直れ。本物の熱い憤怒があなたの内部に沸き立っている限り、妻を苦しめろ、地獄のような生活を送らせろ。黙って憎むな。黙って耐えるな。そんなのはひどく卑しくて狭量で不潔な、恥ずべきやり方だ。腹からの激しい怒りを覚えたら、叱りつけろ。決して悔いるな。そういうことをすれば、十中八九、彼女が傷つくよりも、あなたが遥かに傷つくことになろう。しかし本物の熱い憤怒は、「正当化」できようができまいが、これを後悔するようなことは決してするな。妻を愛する気持ちがごくわずかでもあれば、そして、彼女があなたに、もう我慢できないと思わせたら、ぶて、頬に黒いあざや青いあざができるまでぶて。そして、あなたの心が後に血の涙を流すようになっても、彼女にこう言え、一度っきりのこととしてお前をぶてて、非常に嬉しい、お前はもっと烈しくぶたれた方がよかったのではないかと思っている、と。
同様のことは妻たちの夫との関係にも当てはまる。夫が神経に障るようなことをしたら、夫を叱りつけるべきである。夫が他人に度が過ぎて優しく、へつらうような振る舞い方をしていると思われたら、夫の鼻のあたりを思い切りぶん殴るべきだ。夫には単調で惨めな生活を遅らせるべきだ。癇癪を決して抑えるな。
妻であれ、夫であれ、我慢してはいけない。そんなことをすれば、内面が全くおかしくなる。常に激しい言葉で必死になって食ってかかれ。どんなにひどい印象を与えようとも、決して後悔するな。

私はSと好き合っているとき(付き合ってはないのだが)、いろいろあってSにひどく怒られたことがあった。そのときの私の態度は、父とそっくりであった。「あなたはそう思う。私はそう思わないけど、それほど言うのだったら、あなたに合わせてあげよう」という態度。あれほどひどい態度はないと今になってわかる。というか、自分がやられたらこの上なくムカつく。他人だったらいいけど、特別な関係にある相手にこの態度はない。Sは「どうしてそんななの?」と泣きそうな顔になっていた。どうしてこんななのか。父親が原因だった。

Sは私に全身で体当たりしてほしかったのだと思う。私が思うことをすべてぶつけて、いっそロレンスの言うようにぶん殴ってもよいのだから、人間と人間のぶつかりあい、深い関係が当然持つそういった闘争を実行して欲しいと思っていたのだろう。今考えてみても、そうした方が二人の関係が一時的には傷ついたとしても、ずっと分かちがたい関係になったと思う。(まあDVだなんだって言われるだろうが)

私は父に死ねだのムカつくだのと衝動的に毒づくのだが、まるで暖簾に筆押しだ。いっそ私をぶん殴ってくれればよいのだが、父は突然私の父親にさせられた十歳児なのだから、「おりこうなちちおや」の振りをして、うまくかわすことしかできない。「おりこうなちちおや」である限り父は無敵である。自分に対するどんな攻撃も、惨めな不遇な生活も「相手が悪い」で済ませられる。父にとって私は不可解な不思議な他人であり、他人であるから逃げればよいと思っている。

これで表向きは善良な父親なのだから、タチが悪い。たしかに一般的な「ダメ親」ではない。暴力をふるったり、金をせしめるとか、そういうわかりやすい悪行はしない。だからこそかえって、私の精神に深い傷を与えた。私は最近になるまで、父親がいかにダメなぼんくらか、気づけなかったのだから。

ああ、私の精神のなかに巣食うこのダメ人間を浄化してくれ!願わくば私の記憶からこの男を消してくれ!そう思いたくなる存在だ。

ちなみに、私が読書funboyになったきっかけは、大学4年頃に読んだ「ビジネスマンの父より息子への30通の手紙」というキングスレイ・ウォードの本であった。この本を貪るようにして読んだ。そこには本物の父性があったのである。厳格で、力強く、思慮に富む、人生を豊かで楽しみに満ちたものにする積極性を持つ……そういった父性である。

その後数年に及ぶ私の読書体験は、父親探しだったと言えるのかもしれない。ニーチェはショーペンハウエルに父性を感じていたようだが、私はニーチェに父性のようなものを感じている。

父性のない父親を持つことは辛い。ダメな両親を持つことは辛い。善良な振りをしている、また、善良だと思い込んでいる両親はなおタチが悪い。子どもをある種のマインドコントロールにかけるからだ。子どもは両親の洗脳から解かれなければならない。人生は楽しく豊かで、自由に生きるべきだと学ばなければならない。そうでなければ、私のように無意識を抑圧し、神経症になってしまうだろう。



私の家庭環境の全体像は、父性の欠乏した父親と、代償的に子どもに異性を求める母親、といった構図で完成している。ロレンスの記述を見てみよう。
情欲に深く身を浸すことに充足を求め、自意識と性で頭をいっぱいにして病んだ状態になり、夫、すなわち己の内面に退いて、己一己の平静と単独性を確保して、妻を己の決断と実行の魔力の下に置く勇気をもたぬ夫に挫折させられて、不幸せになった妻は、飽くことを知らないといった風に、満足を求めてあさり歩き、貪り食うことのできるものを捜し求める。そして通常、彼女の目は自分の子どもの方へ向けられるのだ。この場合、彼女は自分の欲しているものを、刺激を通じて生ぜしめようとしている。この場合彼女は、自分に属している、自分の産んだ息子の内部に、自分が渇望しているものに対する最後の完璧な答えを見出すように思われる。息子は彼女にとっては一個の媒体であり、彼女は息子の内部に彼女が求めている答えを、刺激を通じて生ぜしめるのである。そこで彼女は、息子への最後の大いなる愛に、息子への最終的、決定的な献身に、身を投げ出すのである。この献身は、もしも夫へ向けられていたなら、夫にとって心の豊かさ、力の源泉になっていただろう。息子に向けられている今の場合、息子にとっては毒となっている。夫、すなわち優柔不断で、己の一段と高い責任を決して受け容れない夫は、屈服と甘受に明け暮れる。そして、内向性と「コンプレックス」の致命的な過程がいま一度始まることになる。夫が己の存在の究極性、己の決定的な孤独性、生に対する己の責任の究極性を全く受け容れようとしないなら、妻が、根を喪失し、抑制を欠いたまま、災厄から災厄へと突っ走るのを覚悟しなければならない。

そんなわけで、ロレンスが100年前に危惧したアメリカ的な家庭崩壊、それを日本の田舎で実行していたのが私の両親というわけだったのである。

6.01.2017

ルサンチマン・ハウス

昨日退去し、そのまま実家に帰宅。560kmの道のり。下道で帰る。11時間のロングドライブだが、もう慣れてきた。

長距離ドライブのコツは……

  • 基本的に右車線を走ること→単純にスムーズなので
  • 集団の先頭を走らないこと→速度に頭を使う
  • 姿勢が大事→背筋を伸ばすと楽に
  • 暑くても長袖を着る→エアコンの風で疲れるため
  • ルームミラーを見ないこと(ずらしておく)→煽る奴や車間を保てない奴にイライラすることがなくなる

そんなわけで、後ろを気にせず走っていた。法的にも、直進走行中に後方確認する義務はないのである。(まあ右車線を延々と走るのは違法だが)ノリノリで放送大学の公共論を聞きながら(SEALs?のなんとかクンがゲスト出演していた。緊張しすぎで初々しかった……)8時間ほどドライブしたところ、車高短の型落ちクラウンがすごい勢いで私の前にやってきて、急ブレーキ。

ただでさえブレーキ甘々なのに荷物がぱんぱんに詰まったティアナちゃん、あやうく追突というところだがギリギリ止まった。なにかが荷崩れしてガシャンと音を立てた。

幹線道路で100km/hで流れているような道路、危ないぞとクラクション。中から短パンの男がでてきてこちらに向かっている。なんだこいつ?と思いながらクラウンの右から回避。

そんでまた100km/h程度で走っていたのだが、またクラウンがやってきた。ただ、今度はぶち抜いてどこかへ去っていった。

後ろを確認していないからわからないのだが、もしかしたら延々とビタづけされていたのかもしれない。それで反応しないのにイライラして、説教してやろうと思ったのかもしれない……。いや、想像なのだが……。

言っておくが、片側二車線の道路で、前方50mほどの軽自動車に合わせて、100km/h走行をしていたのである。左から抜けよ!とおじさんは思った。いや、正直言うと怖かった。後から怖くなった。YoutubeのRoad rageみたいなことあるんだ!と。

それにしても、放送大学は最近バラエティが富んでいる。コントまがいのことをしてみたり、最近話題のゲストを出してみたり。基本的に、音楽を聞くよりもラジオを聞く方が疲れにくい。適度に運転から気が紛れるからだろう。



そんなわけで実家に帰ったのだが、自室がひどいことになっていた。あまりにかび臭く、埃が舞うので眠れなかった。というか物置化していて、自分が寝るスペースぐらいしかなかった。代わりの広間で寝ようと思ったら、そこはかびに加えて犬の小便の臭いがした

なので庭にテントを張って、そこで寝た。アホくさいが、自宅で寝るより遥かに快適だった。

翌日あまりにムカついたので、部屋に父親が置いていたものをすべて放り出して、掃除をすることにした。俺の部屋はゴミ捨て場じゃないんだよ!

まったく自宅がこんな有様になっているとは思わなかった!私の実家には、父親と、祖母が住んでいる。母親は離婚して家にいない。母親がいたときはまだ清潔感が保たれていたのだが、父親が犬を拾ってきてから、床は傷だらけ、毛だらけ、犬の小便の匂いが家に全体にこびりついている。

兄もふたりとも出ていってしまっているので、私がこの困難を克服しなければならない。父親と祖母は、ニーチェの言うルサンチマンそのもので、カビと犬の小便だらけの家に住むことを「受け入れてしまっている」。病気になってもしょうがない、臭いに耐えよう、不潔に耐えよう、というわけだ。

いったいこの父親からなぜ私が生まれたのかわからない。まあ、祖父がかなり高圧的強権的だったらしく(私には好々爺だったが)ふたりとも被支配者として屈従する癖が性根に染みついているのだろう。ちなみに私の兄二人もルサンチマン的で、ぱっとしない存在である。

勝ち誇った王者ぶっているのは私のいとこで、有名商社だの大使館だのでバリバリ働いている。私のずたぼろの家庭など、鼻くそ以下にしか考えていないだろう。

ルサンチマンに必要なのは、鞭打つ君主である。彼らが望むのであって、君主にルサンチマンが必要なわけではない。祖母、父の両名は、私の配下にならなければならない、私の手となり足とならなければならない。有無を言わせぬ。私が主人であり、家主である。

と言っても、旅行まであと5日しかないから、何もできないのだが^^;
克服し難い父親を持った子どもは生涯コンプレックスを抱くというが、あまり克服しやすい親というのも災いだな。

5.29.2017

ただの日記

引っ越し作業をしている。結局、業者を使わずに自分ですべて行うことに。

日本の不動産業界って、めちゃくちゃだな……と思う。社宅だから敷金礼金なし、家賃も2割負担だったのだけど、いざ自分で他の物件を借りようと思ってびっくりした。

敷金と礼金それぞれ2ヶ月分?いきなり5ヶ月分も払うのか?それに保険加入が強制?鍵の交換費用は借り主が負担?一年以内に退去したら罰金?まったく意味がわからない……違う星に来たみたいな感覚だ。3万円のアパートを借りるのに、20万円くらい金がかかる。どういうことだ。

でもほとんどの人は何も疑わずに黙って金を払っている。ほんとうに日本のこういうところが大嫌いで、まんまと嵌められるお人好し(というかただの痴愚)な日本人も嫌だ。

日本人はまじめだ、きちんと列に並ぶとか、静かでシャイとか、自分たちの「民族性」を誇るアホもいるけれど、いまの日本人像は為政者=搾取者に都合よく創られた偶像でしかない。誇り高き日本人様ならこんなクソシステムぶっ壊してるよ。

まあそんなわけで、賃貸はやめて実家に戻るのである。引越し作業は……とんでもなくめんどくさい。財が増え物が増えると身動きが取りづらい。最近断捨離だのミニマムライフだのが流行しているのも納得。



生活の目処はいまだに立たない。私は無収入のままで何をするのだろう。タイへ行くといっても、なにか生産的な目的があるわけではない。ただなんとなく、刺激が欲しい……というか。部屋と図書館の往復……試験管のように感覚をシャットダウンされた理想状態では、神経が根腐れするような気分になる。

一人旅であっても、旅をしているあいだは案外孤独ではない。ゲストハウスに行けば同じように一人旅をしてるバックパッカーがたくさんいるし、好奇心で話しかけてくる現地人も多い。図書館に篭って毎日読書するよりも、少しは人間らしい生活ができるかもしれない。ちょっと人に飢えてきたのだ。読書なら海外でもできるのだし。

旅に行くにかけて、不安はまったくなし。タイは一度行ったことがあるということもあるが、もう自分の人生にたいして少し投げやりな、「どうでもいい」という気分なのである。失敗したらそれはそれでいいし、滞りなく行けるのであればまたそれでよし。万一死んでもそれはそれでいい。もう30年も生きていると、生に対する執着はあまりなくなる。

旅行以外には、英語の勉強を再びするようにしている。英会話ではなくてウェブのテキストの翻訳作業をちまちまと。最終的には英語の哲学書が読めるようになりたい。ドイツ語と英語なら文法も同じだから、ニーチェの英訳を読んでも良さそうだ。

本当はドイツ語フランス語ができたら良いと思っているが、あまり西洋の言葉に偏るのもよくないと思っている。英語の勉強をするだけでも頭が西洋化していく気分になる。

それにしても、外国語の勉強はそれ自体が楽しい。海外旅行なんかよりずっと異文化を味わえているのかもしれない。

言語は次々と死んでいっている。一方で新しい言語が生まれている。私はなんJ語が結構好きだ。よろしくニキー(兄貴)とか、なんとかして、どうぞ、とかそんな言葉。なんJ民はもともと2chのプロ野球ファンの集団だが、その存在はネット上の部族のようでおもしろい。

なんJ民は掲示板を乗っ取った移民(外来種)である。(´・ω・`)は原住民とされる。

サッカー好きと野球好きとか、任天堂派とソニー派とか、そういう区分がネット上では部族的抗争として現れるのは興味深い。そういう「部族化」が、国民化、あるいは個人化に対する抵抗のようにも見える。
ヨロシクニキー、小並感wwwンゴンゴニキー、ぐう震え声www
ンゴンゴwwゴンゴンww(ぐう畜ぐうかわ)アンド(ぐう聖)
日ハム内川「(川ンゴ児ゥ)いかんの茶~!?」wwwwwww
臭い!うんこやんけ! (その顔は優しかった)
う~んこのホッモなカッス(お、察し)(あ、察し)あっ…(迫真)
なおわいはイライラの模様・・・(ニッコリニキ
ポロチーン(大合唱) ←チーンwwwwwwwwwwww
大松「お!(お客様ニキンゴ)?よろしくニキファル川GG児WWWW?????W」
お茶茶茶茶茶ッ茶wwwwwwwwwwww(オカン)
あのさぁぁ!あくホリデイ(憤怒)←(適当ニキ)
↑ああ~^^これは教育開始だろなあ^^(指圧)
ちょwwwWADAに草生える可能性がBIRESON!?www(迫真ニキ

なんJ語はイリイチの言うバナキュラーなのではないか、ということを考えている。ちょっと無理があるかもしれないけど。なんJ語にはローカルさと懐かしさが具わっている。標準語(山の手言葉)に対抗する生き生きとした言語感覚。

そういえば山本哲士ってベイスターズファンなんだよなー。少しは関係があるのかもしれない。野球好きの哲学者って珍しい気がする。

5.26.2017

酒と薔薇のニートライフ

労働から解放されて一ヶ月。YAAAAAAAAAAAWN、清々しい毎日だ!

5月の田舎……広葉樹の鮮やかな山間の峠道をクルマでドライブしてみてごらん。まったく、クソッタレに最高だよ。

毎日、ストレスがない。寝たいときに寝て食べたいときに食べる。身体がなまってきたら公園で発散。ストレスがないと、書く気もあまり起きないものだな。

前に創造は陰の行為と書いたが、今の私は陽の状態なのだろう。過剰なエネルギーをどうしようかと考えている。なにかをしたくてたまらない。頭のなかでぐつぐつとスープが煮えている気分だ。哲学も心理学も食傷気味だ。なにか実際的なことをしたい。

今考えていることは、海外旅行と、不動産売買だ。とりあえずタイへの航空券を買った。KIX→DMK直通で12000円である。うーん、安い。まあ別段タイへ行きたいということはないんだけど、安いので買ってしまった。海外旅行ブランクがあることだしちょうどいいだろう。これから国際免許を取りにいってくる。

(考えてみると、日本で家賃3万円の家に住むよりも、バンコクで一泊1000円のホテルに泊まった方が安上がりなのではないか?wi-fiも光熱費もタダ、食費も安いだろうし)

不動産は市役所で空き家バンクを調べた。まあ……ゴミ物件しかないようだった^^;しかし時間は山ほどあるのだから、ゴミ物件をコツコツ直してもよいのである。不労所得をコツコツと築き上げたいな~と思っている。

ニート一ヶ月、何も不安なく生きている。仕事なんてさっさと辞めてしまうべきだろう。週に40時間の労働は人権侵害だとさえ私は思う。


「きみはよくきみ自身のことを風変わりだと思ったり、大多数の人間とは別の道をゆくのを、きみ自身にむかって非難したりするね。そんなくせは、やめなければだめだぜ。火を見つめたまえ。雲を見つめたまえ。そしていろんな予感がわいてきたり、たましいのなかの声が語り始めたりしたらすぐに、そういうものに身をまかせてしまってね、はたしてそれが先生方やお父さんや、またはどこかの神様にも、お気に召すかとか、都合がいいかなぞと、わざわざ聞かないことさ。そんなことをすれば、身をほろぼすことになる。そんなことをすれば、歩道をあるくようになって、化石になってしまうよ。ねえ、ジンクレエル、ぼくたちの神は、アプラクサスという名で、神でもあり、同時にあくまでもある。明るい世界と暗い世界を、一身にやどしているのだ。アプラクサスは、きみの思想のどれひとつにも、きみの夢のどれひとつにも、文句なんかつけやしないぜ。それを決して忘れないようにね。しかしアプラクサスは、きみがいつか申し分のない、正常な人間になってしまったら、きみを見すてるね。そうなれば、きみを見捨てて、自分の思想を煮立たせるために、新しいなべをさがすね。」(デミアン / ヘルマン・ヘッセ)

私の旅は、我らの社会の修繕屋である精神科医であれば<神経症>と呼ぶべきものに動機づけられていた。しかし実を言えば、<体裁良く>生きるという、明らかに神経症的な慣習から、絶望的希望をもって逃れようとする、正気の企てであったのだ。(フィリップ・オコナー「放浪」)


5.25.2017

労働の法則

賃労働とは自分の人生をだれかに捧げることである。母親は幸福だ。自分の子どもに人生を捧げることができるから。子どもは幸福だ。砂遊びやかけっこは自分のための労働なのだから。

しかし労働者はどうだろう。ただ資本を持っているだけのブルジョアに労働を捧げなければならない。

「なぜ?」と無意識は問う。
「なぜ?」社会はそうなっているから。
「なぜ?」そうしないと生きていけないから。
「なぜ?」それが当たり前だからだよ!いちいちそんなことを聞かないでくれ!

労働者の心のなかにできた空白。私の人生はどこへ行ってしまったのか?だれが何のために私の人生を奪っていくのか?

労働における矛盾は、ただ労働によってのみ解決できる。一日8時間の労働は、一日12時間にならなければならない。そうでなければ自分のことを考えなければいけなくなる。無意識が顔を出してくる。「なぜ?」の声がガンガンと響いて、逃げられなくなる!

「お前の」人生は何なのだ
なんて惨めなのだ
ただ他人のための道具と成り下がり
ただ生きるためだけに生命を費やしている
なんて哀れ なんて愚か
どうして「お前は」そんなに不自由なのか
「私の」声を聞かないのか

労働によって生じた歪みを、さらなる労働によって塗りつぶす。嘘、欺瞞、詐欺をいったんはたらけば、さらに大きな虚偽で塗り固めなければいけなくなる。

「無意識の声なんて聞きたくない……そんなものは悪夢に等しい!」ひとびとはそう呟いている。小さな声だが、何億人もの声となると、集まり、渦巻き、怒号のような黒い竜巻となった。いつしか竜巻は固定化し、静的な力となり、美しい音色をかなでる社会となった。黒いエネルギーは「愛」となり、「慈善」となり、「進歩」となった。信じられないことに、「自由」さえそこにあった。労働者の摩擦はそれら美徳によって潤滑された。熱は冷まされ、回転は速まった。労働者は、ずっと幸福な労働者となった。

さあ、突っ走ろう、死ぬまで!

5.21.2017

芸術とは何か

芸術とは、陰の行為である。

芸術とは創造行為であり、創造行為は孤独のうちに行われるからである。

陰の状態――孤独で、静謐で、うらぶれた寂しさのなかで芸術作品は創られる。

絵画を見る。音楽を聴く。文学を読む。いずれの行為においても、我々は作品に「惹きつけられる」。

この引力は、陰の力である。

では、陰とは何か?

陰とは、「欠乏」である。「マイナス」である。

「私には何もない」
「私は食べていけない」
「私はだれにも評価されない」
「私は死んでしまいそうだ」

そういうメッセージを、私たちは作品から受け取る。

芸術作品とは何か。

それはもっとも原初の言葉である。

原初の言葉、第一の発声。

それは赤んぼうの泣き声だ。

「助けて!」という叫び。

これが芸術の根源である。

精巧な作品であっても、底抜けに明るい作品でも、

根源にはこの原初の叫びがある。

そうでなければ、芸術ではないから。

陽の作品には、だれも惹きつけられない。

陽の芸術は存在しない。



ちなみに、AKBは芸術である。

AKBが売れたのは、彼女たちが「助けて!」と叫んでいたからだ。

ゆえに、AKBは芸術である。

5.20.2017

サイコパスの恐ろしさは当事者でなければわからない

小浜逸郎氏がサイコパスについて書いていたが(「サイコパスは生まれつきか」)、マニアックにサイコパスについて調べたことのある私はがっかりしたというか、納得できない部分が多々。

いちばんの問題点は、「あいつはサイコパスだから~」とラベリングすることを倫理的に問題だとしているところ。

逆である。

「あいつはサイコパスだからしょうがない」とラベリングしなければ、サイコパスに取り込まれる恐れがある。「あいつはサイコパスだけど、少しは良心があるだろう。我々と同じ人間なのだから」と思うことこそが、健常者がサイコパスと対峙するときの最大の弱点になるのである。

なぜか。サイコパスには良心がないから、何をやっても後悔をしない。嘘をついても、金を奪っても、地位を簒奪しても、平気な顔をしている。そこで被害者は自問することになる。サイコパスはなぜ自分を苦しめるのか?彼は自分を苦しめてなおそれが当然かのように、涼しい顔をしているのか?

そこであえて、「彼はサイコパスだからしょうがない」と思わなければならない。つまり自分には非がなく、彼に非があると認めること。彼はそういう人間で、世に害意を撒き散らす存在なのだと決めつけてしまうこと。

このラベリングがなければ、サイコパスに苦しめられる自分は「苦しめられて当然の存在だ」と思うようになる。「自分に落ち度があるからサイコパスは私をいじめるのだ」。この自罰的な反省的な態度はサイコパスにとって好都合で、ますます便利な道具のできあがりというわけだ。

より上等に道具化した被害者は、サイコパスの要求に無条件に従ったり、サイコパスから良心を引きだそうと無駄な試みをするようになり、ドツボに嵌まることになる。そうして最終的に、鬱病や破産、自殺などに追い込められる。(無論ほとんどの場合、合法的に)

だからあえて言い切ってしまうが、ラベリングこそサイコパスに対する有効な防御策なのである。「彼は私と同じ人間ではない」と諦めること。小浜氏はサイコパスに対するラベリングを、黒人やユダヤ人の差別などと同一視しているが、実情はまるで異なる。良心を持つ健常者とサイコパスの隔たりは、人種的隔たりよりはるかに大きい。

ラベリングを指して「仲間はずれはよくない」とする小浜氏には、現にサイコパスに苦しめられている人々に対する視点がまるきり欠如している。被害者に向かって鬱になれと言っているようなものだ。(そもそも、良心を持たない・倫理観の欠如したサイコパスを倫理的枠組みから追放することのどこが不適当なのだろうか?)

もっともこのラベリングという対抗手段は、サイコパスと深く関わりなんたるかを理解した被害者に許される行為であって、外野の健常者がおもしろがって「あいつはサイコパスだ!」と叫ぶ魔女狩りのような流れになることは当然危惧すべきだと思う。

サイコパスのいま

法的に問題ない、あるいはハラスメントなどの軽微な犯罪であっても、サイコパスの「実質的な被害者」が存在することは事実だ。これらの被害者はほとんど泣き寝入りである。(通常のサイコパスは、証拠を残したり逮捕されるほど愚かではない)

現代医学では、サイコパスは犯罪を侵さない限り「健常者」として扱われる。社会適応に成功しているからである。鬱病患者のように憂鬱で出社できなかったり、神経症のようにガスの元栓が気になって勤務中に帰ってしまうということがない。それどころか、仕事に意欲的で、出世や金稼ぎに成功することも多い(無論、他者を蹴落としてだが)。

だからこれまでサイコパスの研究は進んでこなかった。資本主義社会に優れて適応しているとさえ言える彼ら「健常者」を病者として扱うことは、一種のタブーですらあった。

ある精神科医はサイコパスをさして「人を鬱に陥れる達人」と呼んでおり、治療した鬱病患者の影にはこのような人物の姿があらわれることが多々あるようである。この「合法的な悪魔」に対してどう接するべきか。社会はどのように介入すべきなのか。そういう深い視点が小浜氏の議論には何もなく、指摘は表層的で外縁的なところで留まっている。

じゃー深層的な議論とはどのようなものか?一例をあげると以下の雑誌の議論のようなものである。
宮崎哲弥 鑑定が正常に行われたとしても、サイコパス、反社会的人格障害をどう扱うかという問題が浮かび上がってきます。おおまかに言えば、彼らの人権を尊重して危険承知で一般市民と同じ生活をさせるか、あるいは彼らの人権を蹂躙して隔離してでも安全な社会を守るか、という議論に二分されるでしょう。ただ、完全に彼らを放置するわけには行かないので、何らかのセーフティネットをかけておく必要が生じます。  
岩波明 イギリスではサイコパス患者にも精神病患者と同等の治療を施していますが、「多少は改善されそうだ」「いや、無意味だ」という論争が常にあり、いまだに結論は出ていないのですが、私見ではおそらくサイコパスが治癒する見込みは極めて薄いと思われます。現実的な選択肢を考えた場合、一定期間の隔離もやむを得ないのではないでしょうか。去勢、つまりホルモン抑制剤を注射するのも一時的な効果はあると思います。(「諸君!」2006年7月号より)
10年前の意見の方がはるかに踏み込んでいて現実的である(議論の深さを例示しているのであって、サイコパスを隔離しろと言っているのではない)。

まあ体験しないとわからないよね

もっとも、サイコパスがどのような存在かは、サイコパスに直接関わった人間でなければわからないことで、臨床医ではなく(たぶん)被害者にもなったことのない小浜氏には実感できないのは当然とも思われる。

小浜氏の言う「サイコパス」とは、テレビや新聞を賑わす「サイコな殺人」をする例外的なサイコパスのことのようで、一般生活を営む通常のサイコパスについてはほとんど言及がない。「百聞は一見にしかず」とはまさにこのことで、小浜氏の描くサイコパス像は人魚や河童のように現実味がない。テレビや書籍からの情報だけで、肉的な体験が感じられない。ポリティカル・コレクトネスだ進歩心理学だと話を広げているが、肝心のサイコパス像があいまいなので空疎である。

サイコパスの存在を体験するとしないとでは人間観がまるきり変わるものである。差別はよくないとか、そう生っちょろいことは言ってられないのである。食われるのである。笑

結論を言えば、小浜氏の小論は、サイコパスを語っているようでサイコパスを語っていないと私には思われた。

あと一点、指摘したいことがある。幼少から症状が見られ、自然治癒・治療改善例が一例もないサイコパスを、「先天的障害の蓋然性が高い」とすることは、極めて自然な判断だ、としか言いようがない。

余談:あるカウンセラーは、サイコパスの女性から良心を引きだそうと数十年間努力を続けたが、何の変化も訪れずに徒労に終わったそうだ。カウンセリングに通おうとするサイコパスはほとんど稀だが、彼女の場合は「著名なカウンセラーを打ち負かす私」という形で自己愛を満たすためにカウンセリングを利用していたようである。

サイコパスについて詳細に知りたい方は書抜があるのでどうぞ

5.19.2017

ニートの山篭り

今日は天気が良いので、キャンプをすることにした。今は焚き火の前でこれを書いている。

住むところを考えている。今月いっぱいで、社宅を追い出されることになるからだ。

社宅(借り上げ)はコンビニまでバイクで3分、田舎にしては便利な一戸建てで、しかも家の周りは空き地、隣家まで30mほど離れているので、騒音を気にしなくてよかった。

でも、家の前が通学路だったり、抜け道になっていたりで、私の理想とする田舎暮らしではなかった。車の通る音がうるさいし、家の前をだれかが通ると落ち着かなかった。

しかも町内会費を払え!といってくるおばさんがいて閉口した。「社宅なんで会社に言ってもらえますか」といったらそれ以降尋ねてこなくなったけど。

都会の人が「田舎暮らしをしたい」と言うとき、ほとんどそれは隠遁生活への志向だと思う。つまり、ゴミゴミした都会生活の真逆……周囲にはだれもいなく、ただ自然と、自己だけがあるような環境。そういう「理想状態」に憧れる気持ちはわかる。だれだって田舎者とは付き合いたくないものだ。

しかし現実には、他者との関わりからは避けられない。何者かわからない奴が住みついている、となれば地方の人が不審がる、あるいは好奇心がわいてくる。そういうものだと思う。「私は静かに孤独に暮らすためにここにきた。頼むから厄介事を持ちかけないでくれ」そう言いたくなるだろう。

私もできることなら、周りにだれもいない環境に住みたいと思っている。自動車の騒音が聞こえなくて、目の周りは自然のみ、他者や住宅が視界に入らない……。しかしそういう物件は、日本ではなかなかないみたいだ。どこにいっても集落、住宅街、そういう息苦しい場が待っている。

私が今晩泊まるところは、山の上にある。太平洋が一望できる。オフロードバイクで登れるところだが、登山者以外は訪れない。この土地を100万円くらいで買えるのなら、私は小屋でも建てて暮らすのだけどな。

静かで、孤独に暮らしたい。そういうことが難しい社会ではある。

実家の土地を借りて、小屋ぐらしなんかしたら素敵だと思う。風呂は薪で、電気はソーラー発電で、小さな畑をもって、読書の日々……。やはり実家に戻ってleechとして暮らそうかな。山林を売り払っていないといいのだが。

私は「生活を生きたい」という密かな欲求がある。つまり、何かのための生活ではなく、生活のための生活……。生きることを生きる。ただ生きる。難しいな、表現が。

私は何者にもなりたくない。何者かになるということは、何者か以外になることを否定されるから。ただ人間として生きたい。

住む所……やはり小屋ぐらしになるかな?私はニートだから、半年もあれば作れるだろう。バカでかい本棚を作って、晴耕雨読の日々を過ごしてみたい。

5.17.2017

ニートはどうやって生きるか

今日はユングを読んで、それから猫を撫でて終わった。

ニートになると承認欲求をどうやって補っていくかを考えなければいけない。仕事しているときであれば、一社員として、承認欲求は勝手に与えられた。一日8時間、同僚や上司と顔を合わせるのだし、協働的な仕事をこなすなかで信頼関係は構築されていった。

 

ニートになってしまえば、そういう繋がりはなくなる。すると生きている意味や、自分の存在価値といったものがわからなくなってくる。私は生きていていいのですか。そういう疑問が浮かんでくる。

ニートになるということは、組織から外れて裸の個人となることを意味し、さらには潤沢な時間がかえって彼を拷問にかけることになる。私とは何者か?私は何のために生きているのか?という厄介なテーマが彼に襲いかかる。




本来であれば経験を積んだ修行僧や、高い水準の哲学を身に着けたような人でなければ、孤独に隠遁し、実存的問題と格闘することは難しい。生身の個人が、生身の現実とぶつかることになる。これはほとんどの現代人には対処不可能だ。



だから大部分のニートはゲームや2ch、アニメに没頭することで時間を空費することに勤しむ……あるいは、バツの悪い顔をしながら社会に復帰することになる。時間を空費したのだから、彼らはこう言うことになる。「まったく、何も成長しなかった!私は子どもの頭脳を持った大人だ。なんていう時間の浪費だっただろう」

私は何の意味を持って生まれたのか?……そんなことを考えるのは面倒な社会である。エリアーデが書いていたと思うが、ある部族は自分たちが儀式を行わないと、太陽は止まってしまい、永遠に日の出や日没が起きないだろうとかたく信じていた。羨ましい話ではないだろうか?


現代は「大きな物語」がなくなったとされるが、その現代であっても素朴な人々は、自分がフライドチキンを揚げることや自販機にコカ・コーラを詰めることが社会貢献だと信じている。「とりあえずそれで良い」というわけだ。一日8時間の労働が、加速化する社会が、厄介事から目をそらしてくれる。



ケインズは技術の進歩が進めば週に15時間の労働で済むだろうと予言した。週に2日の労働、あるいは一日3時間の労働へ短縮してもよいというわけだ。しかしこの予想はハクスレーにばっさりと切られている。
「技術的には、下層階級の労働時間を一日三、四時間にすることはしごく簡単なことだろう。しかし、それで彼らがちょっとでも幸福になれるだろうか。いや、そんなことにはならないよ。
――三時間半の余分な暇が幸福の源泉になるどことか、みんなはその暇から何とかして逃れようとせずにはいられない気持ちになったものだよ。」(「すばらしい新世界」)
そして結果的に、ハクスレーの言うとおりになった。



暇な時間は恐ろしいものだ、と人々は考えている。何が恐ろしいのか。「自分」だろう。ユング風に言えば、ichに対するところのSelbst。つまり無意識の自己が、意識の領域を侵犯することになる。お前はこれまで一面的に生きてきたが、それは間違っている……この声から、すべての精算が始まる。世界はひっくり返る。



それは自然と健康への回帰なのだが、現代人にとってそれほど恐ろしいものはないのだ。産業社会において、もはや自然に還ることはできないのだ。ルソーは嘆息した。足萎えめ!とニーチェは激した。

5.16.2017

神経症と隷属システム

神経症一般というよりも、自分自身をふりかえって思うことがある。私は根本的に、文明に対する敵意を抱いているのではないか、ということである。

表層的には私は神経症であり、聴覚過敏であり、人嫌いである。

神経症であることをつきつめて深く考えてゆくと、学校教育に対する拒絶がその発端であった。私は学校へ行きたくなかった。しかし親も教師もそのことを許さなかった。同級生はなお許さないだろう。彼らとて「行きたくない」のである。だからこそ、学校を勝手に休んでしまう学生は通常、いじめの被害にあうことになる。

生きている世界の環境すべてが「学校へ行くこと」を善とし、陰に陽に強制するような状況において、私の緊張と敵意はピークに達した。そのとき神経症が起きた。

就職してから神経症は軽くなった。神経症の症状は収まった。だがより根本的な、「神経質」が私を苦しめた。私は労働に耐えられなかった。労働そのものは楽しめたが、労働の構造が私には許せなかった。なぜ私が働くと、経営者がその成果を収奪してしまうのだろう。私がどんなにがんばっても、給料は毎月変わらず、経営者を利するだけなのだろう。

経済思想を学ぶにつれ、この考え方がいちがいに狂気じみても子供じみてもいないことを学んだのだが、とにかく私は社会一般に受け容れられている「労使関係」が我慢ならず、犯罪的にすら感じられ、二年働いたのち仕事を辞めた。

学校教育は子どもを隷属化させる過程であり、労働とは奴隷行為である。そういうことを知ってしまった。労働や教育が美徳とされる社会において、「隷属」そのものを本能的に忌むように生まれた人たちは、ある段階で自我の分裂を引き起こさざるを得ない。教育と雇用が優先的に保証されたある意味で「他国が羨む優等生的な近代国家」では、かえって労働者や学生が自殺し、精神を病むようになる。

文明の「進歩」の過程そのものを、あらためて問いただしたいと思っている。「進歩」の実相とは何か。文明の起源とは何か。

古代ギリシャも、古代ローマも、戦争と奴隷制によって発展した。停滞していたヨーロッパが東洋を超越したのは、奴隷売買のおかげである。アメリカが世界最強国家となったのも、黒人を思いのまま搾取することができたからであった。古代の日本についても同様である。

奴隷の量的・質的向上によって進歩は急速に発展した。奴隷→農奴→賃金奴隷という2000年の歴史、我々の文明の歩みとは、奴隷制の歩みなのかもしれない。

5.15.2017

時間泥棒と戦うニート

「ぜったいにだれかに時間を盗ませたりなんかしないわ!」とモモは言った。おっさんも同感である。

今日も8時頃起きる。日光に十分あたる。ミルクティーを一杯。お腹が空かないので、食事はとらない。働いていたときのように無理して朝食をつめこむことはしない。食べたいときに食べる。仕事をしたいときに仕事する……まあ、仕事と言っても読書・書き物なのだが。

そういえば紅茶というとシルクハットに傘をもったイギリス紳士の飲み物というイメージがあるかもしれないけど、もともと工場労働者の簡易な食事代わりだった。お茶に砂糖を入れてカロリーとカフェインをとる。短時間で栄養と覚醒が得られる。今でいうと栄養ドリンクみたいなものだね。

私は労働者じゃなくてニートだけど、紅茶が好きだ。同じカフェインでも、コーヒーはダメだ。キツすぎる。胸が悪くなるし、なんだか気分が落ち込む。紅茶はカフェイン含有量が少ないのもあるし、タンニンを含有しているのでカフェインを中和してくれる。

カフェインはキサンチン誘導体の酸性物質で、タンニンはアルカロイド(植物由来のアルカリ性物質)だから、酸塩基反応的に中和してくれる。中和反応が起きると、イオン結合が起きる。基本的にイオン化した物質は水溶性で消化管を通りにくく、吸収されにくくしてくれるというわけだ。化学もまた勉強し直したいな~。

イスラム圏の伝承を読んだヘルマン・ヘッセはこう言った。
私たちは読みながら、たえずあこがれと羨望の念を抱く。「この人たちには暇があるのだ!」。そう、たっぷり時間があるのだ!この人たちはひとりの美女の美しさを表現したり、あるいはひとりの悪漢の卑劣さを描写したりするための新しい比喩を考え出すのに、一昼夜をかけることができるのである。……かれらのは底なしの泉からくみ上げるように時間をくみ上げる。この場合、一時間とか一日とか一週間の損失はたいしたことではない。
あくせく働く人に、こういう時間が訪れることはないだろう。

そういえばタイムリーなことに、私の読んでいるブログに労働に関する記事が。


小浜氏はいたずらに労働時間を下げても消費には結びつかないとし、長時間労働に一定の経済的文化的意義を見いだしている。東京ちんこの方は「仕事に価値を見いだす奴なんていない」としている。上から俯瞰して政治的に見れば小浜氏は正しいし、一個の労働者として考えれば東京ちんこが正しいだろう。

私の考えでは、働きたい奴だけが働く社会になればいいと思っている。働く奴が働かない奴を虐げるようじゃだめだ。学制も同様で、学校が好きな奴だけ学校に行けばいいと思う。そうすれば年端もいかないガキンチョが飛び降り自殺するなんて悲劇はなくなるだろう。

もっともそうも行かないのが経済戦争的な世界システムに飲み込まれた社会だ。学生―労働者という流れは戦時中で言うところの徴兵のようなもので、徴兵逃れが非国民と罵られるように、引きこもりや無職は虐げられる。「みんな命を懸けて戦っているのに、お前はなぜ逃げようとする?」というわけ。めんどくせ~な~嫌ならお前もやめちまえ(^ω^;)とニートの私は思う。

結局毎日書いてしまっているなー。今日も読書。日本史の勉強をしたいのだ。

5.14.2017

ニート惑わず

くっだらないことばかり書いていてそれに対する羞恥はある。「羞恥、羞恥、羞恥ーこれが人間の歴史なのだ」とだれかが言った。

やはりこのブログに書くのがしっくりくるなあ。垂れ流しはよくないと思っていても書いてしまう。

昨日、図書館でミヒャエル・エンデの「モモ」を借りた。哲学書や講義で何度も引用されていたので。岩波文庫にあるかな?と思ったら児童書コーナーにあってびっくりした。うーん、私が小さいときに読んで理解できたかな?

ミヒャエル・エンデは「はてしない物語」で有名だと思う。映画を小さい頃に見た記憶。



「モモ」はというと、かいつまんで言えば産業社会批判の本で、灰色の「時間泥棒」と戦う少女の本。いや、読んだらボロボロ泣けてくるんだな~。なんでだろう。

そのときトランジスター・ラジオの男の子がきゅうにこっちをむいて言いました。
「でもぼくはな、ぼくはまえよりずっとたくさんおこづかいをもらってるぜ!」
「あたりまえさ!」とフランコはこたえました。「そりゃあな、おとながおれたちをやっかいばらいするためなんだ!おとなは、子どもたちがいやになったんだ。でも、おとなじしんのこともいやになってる。なにもかもいやになってる。これがおれの考えさ。」
「そんなことあるもんか!」と、はじめての男の子はいきり立ってさけびました。「ぼくの親はぼくをだいじに思ってるよ。でも、いそがしいんだ、どうしようもないじゃないか。ひまがないんだもの。そのかわりに、ぼくにトランジスター・ラジオまで買ってくれたんだよ。とっても高いんだぜ。だから、これがいい証明じゃないか――それとも、ちがうかい?」
みんな、だまりこみました。
するととつぜん、きょうの午後じゅうみんなの遊びのじゃまばかりしていたはじめての男の子が、しくしく泣きだしました。いっしょうけんめいに泣くのをこらえて、泥だらけのにぎりこぶしで目をこするのですが、涙はとめどなく流れて、よごれたほっぺたに二本のすじをつけました。
ほかの子どもたちも、何人かは身につまされたようにその子をながめ、何人かは地面に目を落としました。みんなにはその子の気持ちがよくわかったのです。ほんとうは、みんな同じように泣きたい気持ちでした。だれもが、じぶんが見はなされた子どもだと感じたのです。(大島かおり訳)
ゆとり世代の両親はバブル世代のことが多いから余計に共感できるんじゃないかな。

ほんと資本主義ってアホくさいシステムだと思うけど、みんながんじがらめになっている。いちばんの被害者は子どもたちだね。だれも幸福にならないよ。

搾取しまくってる金持ちも、幸福ではない。彼らは本来下にあるべき人間だから、いくら金や地位があっても幸福になれないんだな~。



読書感想はここまでにしておこう。日曜日は、ニートにもお休みの日なんだ。図書館が人でごった返しているから。平日昼間の静謐な図書館で本を読んでいると、一生ニートでいいや!と思えてくる。

久しぶりにTEDを見たら、感動的な動画を発見。


年に二ヶ月だけ働く。一ヶ月は、種をまく。もう一ヶ月は、収穫する。それで家族6人が食べきれない米が採れる。
日に15分働く。それで家族6人が食べきれない野菜が採れる。
一日二時間だけ働く。数ヶ月で、家が完成する。都会で働いてる奴は、30年ローンで家を買うのに!

おっさんは、この動画を見てまた涙を流した。

そう、life is easyなのだ。我々は地球の恵みを軽視しすぎる。人間の力を過小評価する。自然ではなく人為的なシステムに依存するようになった。依存とはすなわち隷属である。自然に隷属するのか、人に隷属するのか。私は前者がいいな~。東京や大阪よりも森とか海が好きだからね。

産業社会の奴隷は「無能化」という鎖をつけられているのだよ。食材を自分で調達できない。料理つくれない。家を自分で作れない。車を自分で直せない。病気や怪我を自分で治せない。自分で学べない。考えられない。何をするにも他人任せで、そうすると金が必要になる。

生きるのには金が必要だ!そして金を稼ぐためには、労働しなければいけない!こうすっとブラック企業ができあがるわけ。労働に依存して、それ以外はできない「人間モドキ」のできあがり。アホくせ~システムだな。

労働者本人は「これは私の選択だ!」「自由意志の結果だ!」「私は今の生活に満足している!」とか言うかもしれないけど、もう私の目にはフォアグラ工場のアヒルさんにしか見えないんだよな(^ω^;)ガーガー

伏せ字はBullshit。

「抑圧された者たちの伝統は、私たちが生きている〈非常事態〉が実は通常の状態なのだと、私たちに教えている。」と言ったのはベンヤミン。天ばかり見るな。大地に生きよ。とだれかは言った。



私はもう毎日6,7時間くらい読書ができて、あとはネットがあればもう何も贅沢は言わないな~。そのことを心底確信してしまった。将来に対する不安がない。強いていうなら、将来の不安がないことが不安だ。